JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職合格。
62133260
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

息子が残した債務を処理したいと思います。 音信不通になり息子所有のマンションの鍵を警察立ち会いのもの壊して入りまし

解決済みの質問:

息子が残した債務を処理したいと思います。
音信不通になり息子所有のマンションの鍵を警察立ち会いのもの壊して入りましたところ、息子が死んでいました。彼の部屋の書類を確認したところ300万円のカードローンの債務があることがわかりました。そして、マンションがムスと所有で、住宅ローンの返済金が2000万ほどあります。息子に 代わって夫妻を処理できるものではありません。私も、住宅ローンの返済金が2000万以上あります。

息子所有のマンションの玄関の鍵を壊して現状復帰したこと、
息子の預金通帳から金額を引き出してしまいました。

多分このことから、息子所有財産を相続したとみなされたかと思います。
でも、債務を代わって返済する能力もありません。
また、家族がこのことで危害が及ぶことは避けたいと思っています。

それで、多額の債務から家族を守るためにナニをすべきか
出来れば息子が残した債務を引き継がない方法はないものでしょうか。

よろしくお願いします。
工藤
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

ご子息には奥様やお子様はいなかったのでしょうか?奥様やお子様がいらしゃれば、まずは奥様やお子様が、マイナスの財産(借金)を相続することになります。

 

相続放棄手続をご子息がお住まいだった住所地を管轄している家庭裁判所にすれば、相続開始を知った時から3ヶ月以内に、相続放棄の手続をすれば奥様やお子様は、相続人でなかったことになり、マイナスの財産を相続することはありません。

 

その場合は次にご両親が相続放棄の手続を家裁にする必要があります。ご子息に奥様やお子様がいなければ、ご両親がまず放棄手続を取ることになります。

 

ご子息の遺品の処分などに費用がかかりますので、預金を引き出したことは想定される範囲内と思われます。相続したことにはならないと思います。

 

この手の案件は、相続放棄手続になれている弁護士・司法書士・行政書士等に直接お会いして、相続放棄の手続を依頼した方が安全・確実だと思います。費用は若干(10万円前後)かかりますが、免除される債務を考えたら、専門家に依頼すべきだと思います。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
息子は独身でしたので、
”ご両親がまず放棄手続を取ること になります。”だと思います。
この場合の”両親”は、私(父)、妻(母)の二人が連名で放棄手続きをするということでしょうか? それとも、両親のウチ片方でもいいのでしょうか?

また、”まず”と書かれていることから、他の親族にも同じような放棄手続きが求められるということでしょうか?

もしそうなら、どれくらいの 方々に放棄をお願いしなければいけませんか?

というのも、親族の中には探せない方、手続き自体を拒否される方が必ずいると予想されるからです。

そうなったとき必然的に両親が相続者にならざるを得ないかと思っています。

そうなった時の方法はあるのでしょうか?
もちろんご助言通り弁護士の先生にお聞きするつもりですが、今ひとつお応え願ってよろしいでしょうか?

よろしくお願いしまっす。
工藤
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

①ご子息(仮にA氏とさせて頂きます)のご両親(仮にB氏・C氏)とも放棄する必要があります。

 

②B・C氏が相続放棄の手続を裁判所にすると、借金は次にBCのご両親、(DEFG)のところに行きます。 DEFG様が他界なさっている場合でもBC様が80歳以下ならDEFG様が他界されている戸籍が必要です。

 

他界なさっていない場合はDEFG様も放棄の手続が必要です。

 

 

③次にA氏の父母・祖父母が放棄すると、借金はA氏のご兄弟(つまりご相談者様の他のお子様)のところに行きます。( A氏が一人っ子の場合はその心配はありませんが。)

 

A氏の兄弟姉妹も相続放棄が必要です。 兄弟姉妹でA氏より先に亡くなっている方がいても、その方に子供(A氏からみて甥・姪)がいれば、甥姪も相続放棄の手続が必要です。

 

ここまでが、相続放棄が必要な方(A氏の相続人)です。

 

また、”まず”と書かれていることから、他の親族にも同じような放棄手続きが求められるということでしょうか?もしそうなら、どれくらいの 方々に放棄をお願いしなければいけませんか?というのも、親族の中には探せない方、手続き自体を拒否される方が必ずいると予想されるからです。そうなったとき必然的に両親が相続者にならざるを得ないかと思っています。そうなった時の方法はあるのでしょうか?

 

相続放棄の範囲は以上の通り順次行なえば、大丈夫です。マイナスの財産(借金)を相続したい人はいないので、通常は全員相続放棄の手続を取ると思います。

 

相続人の人数にもよりますが、法律家に依頼しても10万円から相続人が多くともせいぜい20万円程度だと思います。 

 

相続人全ての戸籍を取寄せることは、それなりに大変ですので専門家に依頼するのが一般的です。専門家に依頼すれば、ご心配なさるような内容ではないと思います。

 

 

 

 

shonansolicitorをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問