JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

知的障害者に補助人をつけた場合、補助人は本人の財産を管理してくれるのでしょうか?。遺産相続で妹に財産を渡した場合、補

解決済みの質問:

知的障害者に補助人をつけた場合、補助人は本人の財産を管理してくれるのでしょうか?。遺産相続で妹に財産を渡した場合、補助人の権限を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

補助人の場合、保佐人で設定してある権限で、いくつか選択された部分に

関してのみ、同意権や取消権や代理権を持ちます。

これは法律で内容が定められています。

不動産等の財産の処理の権限が与えられていれば、その処理を代理することが

可能です。

ただし、不動産等は、財産的に大きいので、一般的には家庭裁判所に

確認を取ることが多いようです。

基本的に、成年後見制度は、利用するご本人様のためにするものですから

不動産の管理が面倒で現金化するなど、管理する補助人側等の

利便性を追求するような行為はできません。

ただ、やはり、成年後見は年々申し立てが増えていて、管理が甘くなるのは

あり得ると思います。

そのための補助監督人がいる訳です。

また、遺言の作成は可能ですが、確かに、以前からお話のあった

弁護士の先生が財産を食い尽くす恐れが無い訳ではありません。

ご本人様が良いように操られて、多額の出費をしたとしても

ご本人様が自分で出費したくてしたと主張されれば

人間には愚行権と言うのもあり、無駄な浪費や嗜好を止めることは

出来ないと言う考え方です。

早目の対応が必要でしょうね。とにかく、勝手にさせない算段を

考えることですね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

しつこくてすみません。今妹には何もついてません。健常者のままです。家裁では補助人相当と判断しているみたいです。保佐人の申請をしてたものですから、却下するか、補助人の申請にきりかえるか、待ちの状態です。補助人の場合は妹の同意がいるので、相手の弁護士が同意させないと思います。どのようにしたら、いいのか案がありましたら教えて下さい。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

そうしますと、補助人をご相談者様がされようとしているのでしょうか。

まず、問題となるのは、妹様の同意に関して、何ら権利を持っていない

その弁護士の先生が関与するのはおかしいと言うことです。

妹様が、家庭裁判所に出向けない場合は、家庭裁判所の調査員が

出向いて確認するはずです。

やはり、何ら権利のない弁護士の先生が動くのはおかしいので

ご相談者様が、別の弁護士の先生をご依頼して代理交渉していただくか

社会福祉協議会及び保健所にご相談された方が良いかもしれませんね。

どうも、その弁護士の先生の関与の在り方が非常に問題と言えます。

ご相談者様だけで解決できる問題では無いように思えます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問