JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

妹(59歳)は知的障害で今施設に入所しています。妹の代理人という事で弁護士が遺産相続と預託金返還請求を地裁に起こして

解決済みの質問:

妹(59歳)は知的障害で今施設に入所しています。妹の代理人という事で弁護士が遺産相続と預託金返還請求を地裁に起こしてきました。相手弁護士は面会もさせません。こちらは弁護士はつけていません。家裁に保佐開始申立書をだしたのですが、結果は補助相当とのことです。こちらは代理行為に 関する事項ではすべてにチェックをいれてたのですが、妹は不動産に関する事項にだけチェックをいれてたそうです。従って相続に関する事項、紛争処理に関する事項などは単独でできることになります。あきらかに相手弁護士はこちらと妹との面会を禁じた上で、妹に指示をして、不動産に関する事項だけにチェックを入れさせたことに間違いはありません、不動産に関する事項だけなら、申立をする必要はないわけです。このままでは、妹に多額のお金がいき、誰も監視役はいなくなり、妹の財産がどうなるかわかりません。補助の場合、妹の同意がいるということで、同意をとるにも弁護士が会わせないのですから、弁護士の思いのままです。何か方法があったら、助けてください。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

東京都行政書士会成年後見支援団体ヒルフェにも属しております。

 補助と言うことは、成年後見制度の中でも、それほど判断能力が無い訳でも

無いですが、普通は、成年後見人が、面倒なので、ランクを一つあげて

成年後見人が、自分で自由に判断しやすいようにして

ご本人様の残存能力を活かすことを無視することが多いので

その方が問題となっています。

(補助相当を保佐相当にしてしまう問題。)

 確かに、そうすると、いろいろな判断の責任が成年後見人にかかると

言うことで、家庭裁判所で問題視され易いと言うのはあるかもしれません。

ある程度を、ご本人様の判断でさせたして、陰で操ると言うのは

本当にあくどいやり方だと思われます。

 私も、現在、統合失調症の患者の方の保佐申請をしている段階ですが

ご本人様がわからないことを良いことに、ご本人様の財産をご親族様が使い込んで

いたことが発覚しました。こういう親族様等はどこにでもいるようです。

そう言う意味では、ご相談者様の憤りが良くわかります。

 お話から、その弁護士の先生に良いようにされそうですから

家庭裁判所に、すぐにでも、「成年保佐監督人」を任命していただくように

申立てるべきでしょうね。

家庭裁判所にご事情を話して、任命していただくことです。

これは、ご本人様のご親族様なら誰でも申立てできますので

すぐにでも進めて下さい。

成年保佐監督人がつけば、その弁護士の先生も勝手なことはできないと

思われます。あまりふざけたことをしていると成年補助人を解任されます。

一度、解任されると、もう二度と成年後見人等には指名されません。

これは弁護士の先生としても大きなペナルティです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

有難うございます。家庭裁判所は補助人でよければ、訂正してくれとのことで、いま保留中です。ただし、本人の同意がいるので、それも心配です。成年保佐監督人までの流れを今一つ教えてください。10年前の診断では精神年齢8歳2月、IQ46でしたが、今度の判定では精神年齢10歳2月、IQ57だったそうです。宜しくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

失礼しました。補助監督人でしたね。

補助監督人には、保佐監督人と同じで、法人や複数監督人がつけられるので

その弁護士の先生に、対抗するには是非つけることだと思います。

場合によっては、ご相談者様も監督人に成れる可能性がありますので

後見専門の司法書士や弁護士の先生にご依頼してみる手もあります。

 ただ、小学校レベルの精神年齢では、やはり相続等の判断は無理ですね。

一般的に、未成年者の相続の場合は、特別代理人を立てなかればいけません。

そう言う意味では、より悪質な感じがしてきましたね。

逆に、保佐にでもしていただいて代理権限をはっきりさせて

その弁護士の先生の責任を追及させた方が良いですね。

そのためにも監督人をつけることが大事だと思われます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問