JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshiに今すぐ質問する
shihoushoshi
shihoushoshi, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 29
経験:  東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
64921916
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshiがオンラインで質問受付中

はじめまして 父親の財産「預金約200万、土地の評価額約4,800万」相続人が母親、子供2人の場合です。 元々長

解決済みの質問:

はじめまして
父親の財産「預金約200万、土地の評価額約4,800万」相続人が母親、子供2人の場合です。
元々長男が両親と同居していて父親の土地に長男が家を建て住んでいます。父親がなくなった場合に土地を
弟と二人の名義にすると割合によっては子供に相続税が発生しますか?母親も高齢で家族間では特に揉め事
はなく財産分割協議書は作成できるのですが?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshi 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。
shishoushoshiと申します。
よろしくお願い致します。

さっそくですが、回答させていただきます。
まず、相続税について の説明をさせていただきます。

相続税には基礎控除というものがありまして、基礎控除の範囲内であれば相続税はかかりません。
相続税の申告も不要です。

それで、基礎控除ですが

5000万円 × (1000万円 × 相続人の数) = ○○ 万円

となります。

そのため、最低でも6000万円以上の遺産がなければ相続税はかかりません。
今回のケースでは、8000万円以内であれば、分割方法などは関係ありませんのでご安心ください。

もちろん、遺産の評価などについての個別具体的な相談は税理士さんでないとできないため、ここまでの回答となります。
よろしくお願い致します。

shihoushoshiをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問