JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父が亡くなって、6月9日までに、相続税をおさめなくてはならないのですが、長男が、母に、成年後見人をつけてからといいだ

解決済みの質問:

父が亡くなって、6月9日までに、相続税をおさめなくてはならないのですが、長男が、母に、成年後見人をつけてからといいだしました。母が、配偶者控除の範囲で相続すれば、母には、税金はかからず、ほかの三人の子供に各300万台位ですが、期限を延ばせば、500万台、全部で、3000万台になると、いわれています。
母は85歳で、昨年春まで、父の食事など、世話をさほど支障なくしておりましたが、父が、前立腺がんの骨 転移で、5月に、これ以上積極的な治療はできないと、家で療養するようになってから、ショックからか、元気がなくなり、父の介護と、母の体調をみているのは、独身の娘の、私だけでした。(兄は弁護士に相談しているようです。)
長男は、違う区にいて、嫁さんはいっさい手伝いやら、電話見舞いはなしです。父が悪くなったら、即入院を提案し、母が悪くなったら、老人ホームでいいと、安易です。母はその後、調子もよくなって、少しは歩けるし、普通の会話をし、署名もできます。兄は認知症といいはりますが、母は私に任せているので、遺言手続きを遅らせたくなく、遺言執行者の信託銀行と、税理士、成年後見人の申し立てをしていた、兄二人に、面前では、うまくしゃべれない母に、母をたてて手続きするよう、内容証明で母の手紙をと思っています。どう書けば、なにに注意すればいいですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

東京都行政書士会の成年後見制度支援センターのヒルフェにも所属しております。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 相続税は、相続を知ってから10か月以内の申告ですから

割と時間があるようで、ちょっとしたトラブルで間に合わないことがあります。

遅れると、その状況によって延滞税や加算税及び重加算税がかけられてしまい

本来の税金額以上に余計な支払いが増えます。

かといって、適当に分けて、後で、遺産分割し直すと、今度は贈与税の問題が

出てきます。早目の対応が必要ですが、まとまらない時は、とりあえず

法定相続分で相続税の計算をして、その後、遺産分割がまとまった時に

修正申告をします。

 とは言え、信託銀行に遺言執行者を決めているのであれば

例えば、遺留分等のもめごとがある場合、遺言執行がストップします。

(信託銀行の遺言執行は、お金がかかるばかりで、あまり良い評判はききませんね)

それを解決するために、信託銀行側が、弁護士の先生を派遣してきますので

それに従うのが良いでしょう。ただし、400~500万円ぐらい平気で報酬額を

とられることも多いようです。

そう考えると、もめない方が良いと言うのもあります。

 お話から、お母様の成年後見制度の問題がありますが

厳密には、お母様の代わりに、推定相続人が代理人のようなことは

トラブルのもとで、本当に認知症があれば、成年後見制度を利用すべきかもしれません。

成年後見の判定は、精神科のお医者さんなどがします。

長谷川式スケールとかを使いますが、認知症が進んでなければ

大抵は判断が難しく、成年後見は必要なしとなるでしょう。

やはり鑑定をしていただくことが大事ですね。

 任意後見の場合は、ご相談者様が後見人になるのは難しいかもしれません。

信用できる専門家に、ご依頼されることですね。

 内容証明は、お母様の自筆で書くと良いかもしれませんね。

下手にワープロやパソコンだと、ご相談者様が書いたと疑われかねません。

この場合も、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生に文面は

ご依頼した方が良いでしょうね。

もしくは、相続税は間に合わないとしても、遺産分割の調停を

家庭裁判所に申し立てるでも良いかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問