JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2003年6月に実母が亡くなり、遺産相続について弟と二人で4回の話し合いをして、母の遺言を双方尊重して2004年4月

解決済みの質問:

2003年6月 に実母が亡くなり、遺産相続について弟と二人で4回の話し合いをして、母の遺言を双方尊重して2004年4月に分割協議書に双方捺印をしてして納税を済ませました。納税は当方で立て替えています。その後、母の遺言はなかったとして分割協議は無効であり、また分割協議書は納税のためであったと言い張ります。この九年間、文書によるやりとりや会見をしましたが、虚偽の文書を送りつけるなど、理不尽な要求を繰り返しています。弟は商売をしていて、自らの虚偽の発言、文書に対して何らの罪悪感も持ちません。加齢もあり、病的としか思われません。
実際、不動産の登記や、郵便預金では、この協議書で手続きが済んでいます。別の弁護士相談でも、分割協議書は有効ですとの説明を受けていますが、いかが対処した方が良いでしょうか?
またもう1つの問題は、動産は、銀行・証券側では分割協議書の他に、相続人全員の捺印を改めて求めいるため、換金の手続きを進められません。分割協議書では、40種類以上の銀行、証券会社の通帳、債権があったため、両者に時価で通帳、債権毎に持ち分を分けているので、両者の捺印は必要ないと考えます。分割協議書の他にさらに両者の捺印を求める機関に対してはどのような対応が考えられるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 ご両親様の相続の場合、お父様が亡くなって、その後のお母様だけになって

相続が発生すると、配偶者の控除分が無いために、相続税が発生したり

あるようです。きちんと、遺言で相続対策をしておくべきだったかもしれませんが

今さら言っても遅いので、今後の対応ですが

弟様が、ご商売をされているということで何かと、お金が必要なのでしょう。

相手も、無理強いしていることはわかって嫌がらせをしているのでしょから

始末に負えません。

 相続税を支払うぐらいですから、相当の財産だったのかもしれません。

何らかのご両親の財産形成に、ご相談者様が関係なさっていれば

財産の価値がわかって今後も増やすことはできるでしょうが

 たなぼた的に入ってきたお金は、やはりあぶく銭ですぐに無くなって

しまうものです。

 ここは弟様に譲歩されると言うことで、まずは和解に向けて動かれた

方が良いかもしれませんね。

 私も仕事柄、遺言執行業務や相続手続きを手掛けていますが

不動産の所有権移転登記や郵便局の解約は割とスムーズに進むのですが

一般的に銀行等は、かなり審査が厳しいと言えます。

特に、ご相談者様のようなケースでは、遺産分割協議が解決してから

印鑑登録証明書等も全員分出してくれとかうるさいですね。

 本来で、あれば、遺産分割協議の時点で、行政書士か弁護士の先生に

相続手続きをお願いすべきだったと思います。

 お話から、家庭裁判所の遺産分割の調停も行っていないようです。

遺産分割協議には時効がありませんので、10年20年争うのはよくあります。

放っておくと、次の相続が発生してまた面倒になっていきます。

 ここは、弁護士の先生を立てて、遺産分割協議の調停をされるか

弟様に譲歩された案を内容証明等で送られてみてはどうでしょうか?

 やはり、専門家にご相談をされるだけで、ご自分で動かれるのは、難しいと思われます。

弁護士費用がかなりかかっても、きちんとすべきでしょうね。

仮に、このケースだと、弁護士費用は400~500万円はかかると思いますので

そうなら、その分ぐらいは譲歩されても良いと思われます。

 頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

スーパートントン様

法律相談にご回答頂き、有り難うございました。

ご教示の方向で、努めてみたいと思います。

1つ教えて下さい。

話し合いがまとまった段階で、各銀行や証券会社からの資金回収の際に、細かなものをあわせて30数件ほどあります。一通の分割協議書で各機関からの資金回収などの折衝をするにも、困難が予想されます。

また、納税立替金などの清算など、双方中立な立場で清算、回収するとなれば、第三者にお任せするほかないかと思っています。司法書士、行政書士さんなどどこに相談すると良いのでしょうか。

再びご教示をよろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

遺産分割協議書は、1通作成して、コピーして各金融機関に提出すれば良いだけですが

印鑑登録証明書や専門家への委任状が、金融機関等の数だけ必要になり

更に、戸籍謄本等公的な書類も数だけ集めないといけませんから

 おっしゃる通り、専門家に任せた方がスムーズに進みます。

 こちらでは、公的な機関しかご紹介ができないシステムで

個人的にご紹介はできないのですが

司法書士も行政書士も、各都道府県に支部等ございますので

そこでお電話してご紹介していただくでも良いですし

 ネットで遺言相続問題に詳しい専門家を選ぶでも良いと思います。

後は、自由報酬制度ですので、お見積もりでニーズに合うところを

選ばれると良いですね。

 頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問