JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

父が亡くなりました。 遺言書があって、「不動産、預貯金などすべてを妻の〇〇に相続させる。」と記されていました。

解決済みの質問:

父が亡くなりました。
遺言書があって、「不動産、預貯金などすべてを妻の〇〇に相続させる。」と記されていました。
父の妻というのは、私の母ではありませんが、父は私の父である事を認知しています。
父には、私のほかに三人の子供がいます。
遺言書は、公正証書ではなかったのですが、家庭裁判所で、申立人、相続人立会いの下
開披しました。
私に相続する権利はないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

その遺言自体は有効なのですが、ご質問者様には遺留分という権利がありますので、遺言が無かった場合に比べてその取り分は減ってしまいますが、遺産の一部を請求することは可能です。

 

ご質問者様のお母様とお亡くなりになられたお父様の間に婚姻関係がなかったのであれば、ご質問者様が請求できる権利は、遺産全体の28分の1となろうかと存じます。

 

取分自体はだいぶ減ってしまいますが、一部はご請求できますので、まずは相手方(遺言で全て相続するとなった方)に遺留分減殺請求権を行使し、遺産の28分の1は自分の物であることをご主張されるとよろしいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問