JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4870
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

31年前に母親と父親が離婚しました。離婚後の私たちの親権は母親になりました。 それから2年後に、母親は別の人と再婚

質問者の質問

31年前に母親と父親が離婚しました。離婚後の私たちの親権は母親になりました。
それから2年後に、母親は別の 人と再婚をし、私たち兄弟もその新しい父親の籍にはいりました。
本日(3/14)、前父親が逝去したという連絡が子浩法律事務所から郵送で届きました。
内容は、前父親が債務を残したまま逝去したので、法廷相続人である私と妹にその債務が相続されますという内容でした。
私達は法廷相続人になるのですか?
法廷相続人ならば、現地までいって(たぶん広島)家庭裁判所に相続放棄の手続きをしにいかなければならないのでしょうか?(私達は大阪です)
私の見解では、私達は法廷相続人ではないかと思いますが、連絡がきたからには何らかのアクションを起こさなければならないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshi 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。
shihoushoshiと申します。
よろしくお願い致します。
さっそくですが、回答させて頂きます。

>私達は法廷相続人になるのですか?

はい、法定相続人となります。
亡くなったお父様とは血のつながりもあります ので相続人となります。
新しいお父様と養子縁組をしても、亡くなったお父様との関係が切れるわけではありません。
そのため、亡くなったお父様の相続人でもありますし、新しいお父様の相続人でもあります。

>法廷相続人ならば、現地までいって(たぶん広島)家庭裁判所に相続放棄の手続きをしにいかなければならないのでしょうか?(私達は大阪です)

相続放棄をする場所は決まっていて亡くなったお父様の最後の住所地を管轄する家庭裁判所になります。
なので、広島で亡くなったのであれば広島の管轄の家庭裁判所になります。
ただし、必ずしも行く必要はなく、郵送手続で相続放棄ができる場合があると思いますので、管轄の家庭裁判所へ確認していただくと良いと思います。

>私達は法廷相続人ではないかと思いますが、連絡がきたからには何らかのアクションを起こさなければならないでしょうか?

はい。相続人ですので相続放棄をしないと債務を相続することを認めたことになり、債務を負うことになります。
相続放棄は3ヶ月以内に手続きをする必要がありますのご注意ください。

説明不足の点がありましたらご質問いただければ回答させて頂きます。
以上になりますが、ご納得いただけましたらご承諾をよろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 5 年 前.

管轄の家庭裁判所に相続放棄する場合、必要な書類など何かございますでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

管轄の家庭裁判所に相続放棄する場合、必要な書類など何かございますでしょうか?

専門家:  shihoushoshi 返答済み 5 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
さっそくですが回答です。

相続放棄の必要書類ですが以下のようになります。

・相続放棄申述書
 (家庭裁判所に直接行くか、あるいは家庭裁判所のホームページからダウンロードできます)
・申述人(相続人)の戸籍謄本
・被相続人 (亡くなった人)の戸籍謄本等(亡くなったことが分かるもの)
・被相続人(亡くなった人)の住民票の除票または戸籍の附票(本籍地が記載されたもの)

※相続放棄申述書を家庭裁判所に提出する際は以上の書類等が必要になりますが、必要書類は家庭裁判所によって異なる場合がありますので、に事前に確認してください。
専門家:  shihoushoshi 返答済み 5 年 前.
質問の回答をさせていただいておりましたが、その後いかがでしょうか。解決されましたらご承諾いただければと思います。よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 5 年 前.

もう少しお聞かせください。

被相続人の戸籍謄本や、住民票の除票など、離婚後あっていないのでとりよせが難しい状況です。

現時点でわかっているのは、債務者の連絡先のみ。

債務者に被相続人に関する情報を、私に知らせる義務などはあるのでしょうか?

義務がないのであれば、どこか調べる糸口はありますか?

 

現時点では、債務者に連絡はまだとっておりません。

専門家:  shihoushoshi 返答済み 5 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
さっそく回答させていただきます。

>債務者に被相続人に関する情報を、私に知らせる義務などはあるのでしょうか?
>義務がないのであれば、どこか調べる糸口はありますか?

義務はないかと思われますが、聞いてみると教えてもらえるかもしれません。

また、自分で調べる方法ですが、まず、自分の戸籍謄本を取ります。
結婚していたら結婚前の戸籍等をとると父親の戸籍とかならずつながっているので判明するはずです。
ここで住民票の除票なども判明してくることもあります。

市役所の方に「相続で父の戸籍と住民票の除票が必要なんです。」と聞いていただくと教えてくれると思います。
よろしくお願い致します。
専門家:  shihoushoshi 返答済み 5 年 前.
回答をご覧になりましたらかならず、「承諾」ボタンを押す・続けて不明な点を質問をする・JustAnswerにメールで返金を請求する、のいずれかのアクションをお取りください。

何もせずに放置してしまうと、ご質問の際にあなたの設定した金額が請求され、その全額をサイトの運営者が取得することになります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

前回回答頂いた内容で調べてみたのですが、父親(旧)の関連情報は得られませんでした。

 

・戸籍謄本(結婚前)をとりましたが、父親(旧)の情報はわかりません。

市役所の方に「相続で父の戸籍と住民票の除票が必要」を伝えましたが、

うまく伝わらなかったようです。

 

教えて頂いた通りにやってみたのですが、調べ方が悪かったのでしょうか?

 

・戸籍謄本(除票)も調べましたが、母親が離婚後に一旦実家に本籍をおいていたようで

 そのことのみ記載されており、その前の本籍などはわかりませんでした。

 

必要な情報をお伝えできていないことが原因で、お手を煩わせてしまい

申し訳ございません。

 

他、必要な情報などございましたら、お教えくださいますようお願いいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

前回回答頂いた内容で調べてみたのですが、父親(旧)の関連情報は得られませんでした。

 

・戸籍謄本(結婚前)をとりましたが、父親(旧)の情報はわかりません。

市役所の方に「相続で父の戸籍と住民票の除票が必要」を伝えましたが、

うまく伝わらなかったようです。

 

教えて頂いた通りにやってみたのですが、調べ方が悪かったのでしょうか?

 

・戸籍謄本(除票)も調べましたが、母親が離婚後に一旦実家に本籍をおいていたようで

 そのことのみ記載されており、その前の本籍などはわかりませんでした。

 

必要な情報をお伝えできていないことが原因で、お手を煩わせてしまい

申し訳ございません。

 

他、必要な情報などございましたら、お教えくださいますようお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

先に回答をされていらっしゃる、専門家の先生が、回答をオプトアウトされましたので

こちらでわかる範囲でお答えいたします。

 基本的に、相続人か否かは、先にご回答いただいている先生のご回答で

良いのだと思います。

 ご相談者様は、その後、手続きの問題をご質問されておりますので

そのことのみについてお答えいたします。

 実際、相続の実務でも、戸籍を追うのは簡単そうで大変なのです。

まず、亡くなられた方の出生からなくなるまでが必要になります。

戸籍は、改正原戸籍と言う、ある時点で、どんどん新しく書き換えられて

いて、前の戸籍の情報は、一定のもの以外は掲載しなくて

良いことなっています。

そのため、その市区町村で追い切れない戸籍は

前の戸籍地に取りにいかないといけません。

そこで終われば良いのですが、戸籍をよく変えている場合は

それを続けないといけません。

それだけでかなり時間がかかる場合がございます。

 相続放棄には期限が原則ございますから

早く動かないといけません。

本来であれば、民事法務専門の行政書士にご依頼すべきかもしれません。

一般の方では限界がございますからね。

戸籍は、相続放棄で使うので、ここで追える分だけ下さいと伝え

追い切れない時は、どこの市区町村に行けばよいか担当に確認します。

中には市町村統合で地名が無い場合もありますが、そこは新しい地名の

場所で構いません。

住民票の除票は、戸籍などすべてが記載されたものをお取りください。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4870
経験: 中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問