JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

被相続人より生前に贈与を受けた財産も分割協議の対象と出来ますか? 相続人が4人いて、1人だけがたくさん贈与を受

質問者の質問

被相続人より生前に贈与を受けた財産も分割協議の対象と出来ますか?

相続人が4人いて、1人だけがたくさん贈与を受けている場合に全員が平等に分割するには
どうすればよいですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

生前贈与を受けた方は特別受益者といい、生前にもらった分、相続財産の取分が減ることになります。

たとえば兄弟4人で1200万の遺産を分割する場合、その取り分は各1/4づつということになりますが、そのうちの一人が生前200万の贈与を受けていれば、取分は以下のようになります。

①生前贈与を受けた相続人の取分

 1400万(遺産+生前贈与額)*0.25(法定相続分)-200万(生前贈与額)=150万

②その他の相続人の取分

 1400万(遺産+生前贈与額)*0.25(法定相続分)=350万

 

以上のようになります。また、仮に生前贈与額が多すぎて①の結果がマナイスになる場合は、その取分0となり、他の3人で残りを3等分(各400万)するというのが、法律上妥当な割合ということになります。

kanekiyoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

生前贈与は何年前までさかのぼる事が出来ますか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

相続人への生前贈与は、立証できるかぎり、いつまでもさかのぼることができます。

ただ、立証できるかぎりと条件を付けたのは、しらをきられ、話し合いでは協議が整わなかった場合、出るところに出るという話になりますが(裁判所で調停や裁判をする)、その際に主張が認められない可能性も十分あり得ますので、その点だけご注意ください。

相続・遺言 についての関連する質問