JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

年老いたちほぎみの母親を連れ出して、

質問者の質問

年老いたちほぎみの母親を連れ出して、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

東京都行政書士会の成年後見サポート組織ヒルフェにも属しております。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

認知症か何かの判断能力が劣った場合ですと

仮に公証役場であれば、余程のことが無いと簡単には

公正証書遺言や任意後見契約や死因贈与契約は公証人がしないと思われます。

1日、2日ではできるものではございません。

ただ、自筆証書遺言を勝手に作らせたりはあるかもしれませんので

ご心配であれば

お母様に対して成年後見制度をご利用されることです。

認知症等の度合いにもよりますが

法定後見を利用して、後見人をご相談者様にすれば

何らかの一方的な不利な契約をしても取消権で取り消しが可能です。

後見人は、弁護士の先生などの専門職後見人も成れますので

長男様と将来トラブルが予想されるのであれば

弁護士の先生にご依頼されると良いと思います。

それと、認知症があっても公正証書遺言は作成できますので

公証人の先生等とじっくりご相談されて

長男様には財産を相続させないとする方法もございます。

今は、成年後見は2週間程度で発行されるので

すぐにでも家庭裁判所に申したてられてはどうでしょうか。

頑張って下さい。

相続・遺言 についての関連する質問