JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

被相続人の財産の一部でも処分すると相続放棄が出来ないと聞きましたが、被相続人が借りていた店舗や倉庫を解約するのに、そ

質問者の質問

被相続人の財産の一部でも処分すると相続放棄が出来ないと聞きましたが、被相続人が借りていた店舗や倉庫を解約するのに、その場所に置いてある在庫や什器を処分して大家への賃貸料に充てたら相続放棄は認められなくなりますでしょうか?このままでは、明け渡すことも出来ずに、支払不能のレントが積み重なっていくだけになってしまいます。 (追記) 被相続人には多額の負債があります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。
回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,
単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。
ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
おっしゃるとおり,相続放棄をする場合には,相続財産の一部でも処分をした後では
認められなくなります。
しかしながら,実際には,被相続人死亡の時点で,確定した相続財産があって,
そのいずれかをあなたが勝手に処分したことを証明できる人はいますか?
あなたが大家への支払に充てた,店舗や倉庫内の在庫や什器が,被相続人の生前に,
被相続人から家主に対する代物弁済契約が締結されていなかったことを証明できる
人はいますか?
その倉庫にあったものが被相続人の残した遺産ではなく,別の誰かのものを
預かっていただけだとしたら?それをさらに頼まれて処分して,家賃の支払いに
充てたとしても,責められるいわれはないでしょう。
ということで,おそらく,その処分があったこと自体,証明することは難しい
のではないかと思います。
そういうわけですから,相続放棄の申述をなしたとしても,その処分が問題となり
だめだということにはならないのではないかと思いますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.
早速のご回答誠にありがと うございました。また、こちらの説明が不十分だったため、補足の上、再度質問させて頂きます。

被相続人は既に死亡。会社代表取締役。実質一人会社だったため、事業はストップ。
相続人は既に相続放棄の手続きを家裁に申請しております。
現時点で、店舗・倉庫は在庫を置いたまま放置。
ここで言う在庫は金銭的価値は非常に少ないですが、経営会社の資産である事は明白。

相続放棄が認められた(?)後に、店舗・倉庫を引き払い、在庫の処分及び会社の小口現金により延滞家賃の支払いを行ったことで、相続放棄を反古にされるリスクがあるかというのが最も気になるところです。


専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
相続放棄の申述は既になさって,受理されたということですか?
ということは,もう記入例(相続放棄(20歳以上)).pdfの書類をお出しになったわけですよね?
その後に,在庫の処分→未払賃料支払いをなさったと。

この後,相続放棄が覆されないか,という意味でしたら,それはその心配はないと
思いますよ。
なぜなら,相続放棄の時に申告する相続財産は,上記の用紙にぱらっと書くだけですから,それを事細かく現地まで来て実際に調べることはまずないからです。
また,申述後であれば,未払賃料の支払いは,債務増大による相続財産の目減りを防ぐ行為なので,保存行為として認められるべき行為だろうと思うからです。
さらに,申述が受理されたら,受理証明書というものを頼めば発行してくれますが,これにより,相続を放棄したことを証明できるので,ということは,受理されれば放棄の手続きは完了したと考えて良いからです。

ということでよろしいでしょうか?事実を誤解していましたらまたご質問下さい。
bengoshimailmeをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。相続放棄の申述は受理されています。
また、在庫の処分、未払い賃料支払いは、まだしておりません。

これ以上大家さんにご迷惑を掛けたくないので、引き払いたいのですが、その行為がもとで相続放棄が事後に反古にされるリスクを懸念して、まだ何もしていないのです。

頂いたご回答から、確かに在庫処分、店舗・在庫引き払いは相続財産の目減り防止行為とも解釈可能であるため、その方向でアクションを取ろうと思います。

ありがとうございました。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
それでしたら間違いないと思いますよ。

相続人の方が全員放棄なさったか,あるいはあなたが唯一の相続人でいらっしゃるのでしょうか。

通常,相続人が複数いる場合に相続人の一人が放棄した場合,その者がそれまで相続財産を管理していたら,
その 管理を他の相続人に引き継ぐことになっています。
唯一の相続人だったり,全員が放棄して,他に相続人がいない場合は,引き継ぐべき相手がとりあえずいない状態になりますから,急を要する管理行為は,放棄した相続人がやらねばならないことになると思います。
ですので,管理行為(財産の目減りを防ぐ行為…自分のためにではなく相続財産のために行う,目減りを防ぐ行為)は,許されます。

さらに,たとえば在庫が,生鮮品だったという場合,すぐに処分しなければそれ自体が無価値になるばかりか,
倉庫や近隣をも害することになりますので,そのような場合の処分(単に捨てること)ですら,当然に認められるはずです。それが腐る前なら売っていくらかでも売却益を得られるなら,そうすることで得たお金で未払賃料を支払い,倉庫を解約することまで,むしろ「推奨」されるはずです。

だとすれば,今回も,それと利害状況は変わりませんから,許されないはずがないとの結論に至りました。信じて大丈夫ですよ。

相続・遺言 についての関連する質問