JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

さらに別の質問なのですが、主治医が精神科でなくても問題ないものなのでしょうか? 引っ越しや移動が多く、精神科で

解決済みの質問:

さらに別の質問なのですが、主治医が精神科でなくても問題ないものなのでしょうか?

引っ越しや移動が多く、精神科でない方の診断書が有効なのか知りたかったので質問させていただきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
はい。お答えしますね。

成年後見のための診断書を作成する医師にも資格等による限定はありませんが、この診断書は、本人の精神の状況について医学的見地から判断をするものですから、精神神経疾患に関連する診療科を標榜する医師、又は主治医等で本人の精神の状況に通じている医師によって作成されるものと考えられています。

ある地方の家庭裁判所からはこのようなお知らせがありました。
診療記録は大切になってきますね。
「主治医の方は、ご本人の症状の経過について最もよく把握しておられますので、精神科のご専門ではなくても、鑑定の依頼をさせていただくことがあります。
また、成年後見制度の利用に強く反対している親族がいるような場合には、主治医以外の医師に鑑定を依頼することもありますが、その際には、診療記録の提供等のご協力をいただければ幸いです。」
dresquireをはじめその他2 名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問