JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

不出来で自己破産している息子には少しも小額ではあるが財産を残したくなく、嫁いだ娘にすべて譲りたいがどのような

質問者の質問

不出来で自己破産している息子には少しも小額ではあるが
財産を残したくなく、嫁いだ娘にすべて譲りたいがどのような
遺言書を作成したらよいでしようか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

まず、お嫁さんにすべてをお譲りになるには、遺言書に財産のすべてをお嫁さんに遺贈する旨を記載します。

しかし、これだけでは息子さんが遺留分(仮に奥さまが既に他界しており、お子様がお一人であれば、遺産の2分の1)を主張した場合、息子様にも遺産の一部がわたりますので、相続人の排除という手続きをする必要があります。

廃除するには、推定相続人(息子さん)が、被相続人(ご質問者様)に対して虐待、重大な侮辱をした、または推定相続人に著しい非行があったことという要件が必要になります。

例えば、息子さんが借金を重ね、ご質問者様にその返済を肩代わりさせたり、借金取りがご質問者様のご自宅に押しかけるといった事態により長年、経済的、精神的にご質問者様を苦しめてきたなどの事情があれば認められる可能性があります。

この相続人の排除は、家庭裁判所に申立てを行う必要があります(遺言でもできます。この場合、相続開始後に別途定める遺言執行者が家庭裁判所に申立てることになります)。

一度、最寄りの家庭裁判所に問合せるか、弁護士又は司法書士にご相談することをお勧めします。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
嫁でなく、嫁いでいる娘にすべての財産贈与の可能性でしたが
回答は嫁となつていますので再度ご精査下さい
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答有難うございます。

ご質問を読み違えておりまして、大変失礼いたしました。

基本的なところは先の回答と同じになります。

まず、娘さんにすべてをお譲りになるには、遺言書に財産のすべてを娘さんに相続する旨を記載します(仮に相続人がお子様お二人だけであれば、後述します息子さんに対する廃除の手続きが認められれば、あえて娘さんにすべて相続させる旨の遺言書を作成しなくても、すべて娘さんに相続されることになりますが、廃除が認められなかった場合に少しでも多く娘さんに遺産を残すため遺言しておくほうがよろしいかと存じます。)。
しかし、これだけでは息子さんが遺留分(仮にご質問者様の奥さまが既に他界しており、お子様がお二人だけであれば、遺産の4分の1)を主張した場合、息子さんにも遺産の一部がわたりますので、息子さんに対して推定相続人の排除という手続きをする必要があります。

廃除するには、推定相続人(息子さん)が、被相続人(ご質問者様)に対して虐待、重大な侮辱をした、または推定相続人に著しい非行があったことという要件が必要になります。

例えば、息子さんが借金を重ね、ご質問者様にその返済を肩代わりさせたり、借金取りがご質問者様のご自宅に押しかけるといった事態により長年、経済的、精神的にご質問者様を苦しめてきたなどの事情があれば認められる可能性があります。

この相続人の排除は、家庭裁判所に申立てを行う必要があります(遺言でもできます。この場合、相続開始後に別途定める遺言執行者が家庭裁判所に申立てることになります)。

ご自分で申立てするなら、最寄りの家庭裁判所に問合せることをお勧めしますが、家庭裁判所が廃除を認めるかどうかは個別の事情を考慮して判断することになりますので、弁護士又は司法書士にご相談し、手続きを依頼することもご検討されたほうがよろしいかと存じます。

相続・遺言 についての関連する質問