JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

今年の3月に夫が病死致しました(享年51歳)結婚したのは平成15年の12月です。住まいはわたくし(現在48歳)(妻)

解決済みの質問:

今年の3月に夫が病死致しました(享年51歳)結婚したのは平成15年の12月です。住まいはわたくし(現在48歳)(妻)の実家で親と同居で生活をしておりました。子供はおりません。

ご相談したいのは、結婚前に夫が知人女性から借金をしており、その事実を知ったのが平成16年で、その際、その女性が夫とともに私の家に突然きて、夫にお金を貸していることと、私と付き合っていていづれ結婚するつもりだったのに、、、といわれてしまいました。
もちろん、そんなことは私はまったくそれまでは知りませんでした。
借用書を持ってきており、『貸したお金は全部で250万、そして私の慰謝料として(気が済まないから、、等と言いながら)50万、合計300万を今後支払え』と言われ、、夫は仕方なくそこに署名、捺印をいたしました。

当然のように、、そのあと夫と私はもめました、、私は離婚を要求いたしましたが、夫がどうしても離婚したくない、、何度も謝罪の言葉を言われ
この借金においては、今後一切、私には迷惑かけないで、自分の収入から(私たちの生活に支障がないように)自分で返していくから、、との約束で私も納得をしていまいました。
その女性とつきあっていたことは本当なのか再度確認したら、男女関係は確かにあったが、、結婚する気はなかった。。と言われました。
その後、夫は自分の管理のもとで(私は一切関与することなく)返済をしていたようですが、もともと財産等まったくない夫で、死亡するまでの間、この借金以外でもかなり金銭面で苦労をかけられてきたのです。。

さらに、、この知人女性とのことですが、平成16年以降(家にこられた後も)男女関係が続いていたのです。。。
これにおいては夫も女性も認めており、、(携帯のメールを偶然私が見てしまいわかったことでした)
その際、女性から、『あなたの夫と私は、体の相性が合う、あなたと体が合わない(セックスの相性が悪いから)夫が私との関係を続けた、それはあなたの夫も言っている。おまけに、趣味も合わない、本当は私と結婚したかった、でもあなた(私のことです)が夫を好きだから結婚生活が成り立っているんでしょう。。などと屈辱的なことを言われました。。

これは本当に精神的な苦痛でした。

悲しいことに、、夫に確認したらセックスだけにおいては相性は良かったかもしれないが、あくまでもセックスだけ、本当に愛しているからお前を選んで結婚したんだ、、と言われました。
今思えば私も馬鹿だったと思いますが、年齢的なことやそれまでともに生活していたことにおいて、夫に対して少なからず『情』が残っていたので、離婚の話をしても最後まで嫌がった夫を許してしまいました。

昨年6月に病気が発覚し、(悪性の脳腫瘍、余命1年宣告でした)
悪性のガンであることは本人には伝え ましたが、余命宣告は家族と話した結果、本人には最後まで伝えませんでした。
入院、手術、治療のため転移し入院、再入院をし、(再入院は今年の1月頭でした)最後の病院で医者に知人友人の方に知らせては、との際、その女性には知らせたくなかったのですが、後で、何を言われるか怖かったので、(一応夫の立場で考えてみて、、)連絡をし、病院に女性を呼びました、帰り際に、やはり、、お金のことを言われました。

私はそうでなくても、夫の借金は妻が払う義務はない、と思っていましたし、男女関係を続けていたことの怒りや裏切り、屈辱的なことをいわれたこともあり、、払いたくない意思をつたえた所、当初300万と言っていた金額が500万だった。と言われました。
さらに女性は、私に対しての慰謝料を払うことは構わない、私も悪いことをしたとは思っている、その際、慰謝料は相場で200万だから、だとしても300万あなたは私に払うことになるんだから。と言われました。
私は、日夜夫の介護に追われ、泊りがけで3週間近く家にも帰れず、とにかく話をそれ以上することがつらかったので、とにかく帰ってくれ、私は払えないから、もう今後こないでほしいことも言ってやっと彼女は帰ってくれました。

翌日、どうしても着替え等、家に帰る事情があったのでおひるすぎに病院から一度戻ったところ、(出るときはナースステーションに言って戻る予定だが、戻らなかったら連絡すると伝え)なんと夕方、その女性が勝手に病室にきて夫の看病をしており(もちろん私は頼んでもいません!)
私の携帯の留守電に明るい声で『○○ちゃん(私の名前です)が戻るまで待っていたんだけど○○さん(夫の名前)特に病状の変化がなく大丈夫のようだから、一応ご連絡いれした~』と伝言が入っていたのです。

それを聞き私はどうしても怒りが抑えられなくなり、すぐに折り返し電話をして『どうして、、こんな状況の時に、そういう神経をさかなでるようなことをするのか、、なんで大人の対応ができないのか!』と言いました。すぐに彼女は言い返してきましたが、すぐに私は携帯を切り、電源を落としました。

その日以降、彼女からの連絡は一切なく、その後、夫が亡くなり、いろいろやらなくてはいけないことや、整理なとした後、私の体調が悪化し、今日までもまだ本調子ではありません。

先日(12月10日金曜日)の夕方、なんの前触れもなく、突然彼女が自宅に来て(家に入れたくなかったのですが、玄関前で母が確認し、私がドアを開け顔を確認し閉めようとしたら、無理やり強引に入ってきました。

とにかく、金をかえせ、旦那が入院しても返すのがあたりまえだ、誠意がない、等、、言われ、、私も反論しました。
彼女は夫が生前、自分に入る生命保険から借金を返すという約束をしている、それもきちんと印鑑証明を取って一筆かいてもらっている、、等言ってきました、
もちろん、、そんなこと初めて聞かされました。
私は、もうここで話しても時間のムダだから、私は逃げも隠れもしないから、、第三者を通して裁判でもなんでもいいから、私を訴えてくれ!
と言いました。
そうした所、彼女は私に『一体、いくら保険が入ったのか?金額によっては無い所からとっても仕方ないし、私もそこまでしてあなたからお金を返してとなると、、時間のムダだし、お金がかかるでしょ。あなた結局、裁判しても私にお金はらうことになるのにそれでもいいのか、』等言われましたが、、私は、、とにかくもうこれ以上、、彼女と話を玄関でしたくなかったので、裁判してどういう結果になってもいいから、、とにかく第三者を通してくれ、と言いました。
なかなか帰ってくれないので、警察を呼ぶ、、と言ってもそれでも構わない、と言われましたが、私は断固として、2人だけでの解決は望まない、ことを伝え、今後弁護士か、裁判所からの連絡をくれ、と言って、やっと帰ってもらいました。。
私の母親にも、娘を説得しろ、だの、こうなった以上どう思うのか等、、言ってきました。(母も玄関先に一緒にいましたので、、)

私に支払の義務が法的に発生したとしても、、どうしても私自信納得がいかないのです。。。
今後、また彼女がいつ家におしかけてくるかと思いと、、正直、落ち着いて生活できず、、また体調が一層悪化してきました。。
相続放棄(死亡3ヶ月以内に)することを知らなかったとしても、、金曜日に言われて初めて知ってこと等において、せめてそのことに対しての放棄と、、私が受けた精神的な苦痛や裏切りは裁判しても通用しないのでしょうか。。

どうか、、どうか、助けてください、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。

 

少し教えてください。

 

途中から借金が300万円から500万円に増えていますが、これは旦那様が新たに借用書のようなものを500万円で作り直しているのでしょうか?

 

それとも、書面で確認できる借金は300万円のままなのでしょうか?

 

存命中には少しも返済をしていなかったようですか?

 

女性が言っている「生命保険から返す」という一筆書かれたものは相談者様は確認されていますか?

 

それとも女性の口から言われているだけですか?

 

「金曜日に言われて初めて知ったこと等」とは、「生命保険で返す約束の事」だけですか?

-もう少し状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

まず、、夜分の本当に申し訳ございません。

 

300万から500万に借用書が作りなおされてる、、というような言い方はしておらず、、車の購入の件と言われましたが、私は全くそのことは知りません、一時車を知り合いの車業者の知人から借りている、、きちんと領解はもらっていると聞いていましたが、どうやらその乗っていた車が、、彼女が購入し夫に貸していたようです

 

現在、私自信が書面で確認できるのは、最初に家にきたときに夫がサインした借用書だけです(私は保証人にもなっていません、あくまでも夫のみのサインと捺印だけです。

 

在命中の返済をしており確認し計算した所、1105500円でした。

毎月の時もあれば、不定期になっていた時もあったようです。が、返済してないとき

に私に直接何か連絡等は彼女からは一切ありませんでした。

 

そして、生命保険から返すというという一筆かいた書面は私は確認しておりません。

(あることすら知らなかったくらいです)

そして、よくわからないのですが、、遺書?かもしくは借用書?なのか夫がかいたものがあるらしく、、それは彼女自身まだ中身をしらなくて、それは家庭裁判所で開封するように

印鑑証明などをとった、、と言ってました。。

意味がよくわからないのですが、、確かにそのように言っておりました。。

この内容においては金曜日に知ったことなので、この中身がもし、生命保険からの返済、、が記載あるようで、法的に認められれば私が結局相続することになると困るので、、

そうならないために、まだ3カ月以内であればこれに対する放棄はできないのでしょうか。。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

あと、夫は彼女にお金を借りている弱みがあったから、、彼女に対して言ってきたことと、、私に対して言ってきた事と食い違いがあるようなのです。。

もちろん、、私自信としては、夫が私にたいして言ってきたことが事実と信じていますが、、

残念ながら、当事者が死亡しているので、、その点の判断は、もし裁判になった場合

どうなるのかも、心配です。。

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

生命保険の受取人が相談者様に指定されているなら生命保険は相談者様の固有の財産ですので相続放棄をした場合でも保険金は全額あなたのものです。

 

300万円借りて110万5500円返しているなら、残りは189万4500円ですね。

 

旦那様の残されたその他の遺産が189万4500円よりも多かったのなら相続放棄する必要は無いのでは?

 

昨年6月以降に相手女性自身が自分の不貞の慰謝料を200万円と言っていたなら、それと相殺する考えも出来ますよね?

 

車の分については相手が何らかの方法で客観的に旦那さんが返済すべき債務であることを証明しない限り考慮しなくていいと思います。

 

裁判所で開封する必要があるものと言えば「自筆証書遺言」が考えられます。

 

本当にそのようなものを相手女性が持っているなら、定めに従って家庭裁判所で開封し検認手続きを行う必要があります。

 

裁判所HP>遺言書の検認

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_17.html

 

 

先週の金曜日に新たに知ったことは、新たな借金ではなく借金の返済方法について指定があったかもしれないということですよね?

 

借金300万円については旦那さんが生きている時から知っていたことですから、新たに知ったことではないですよね?

 

まずは、彼女が持っているらしい「旦那様の遺言書」について家庭裁判所での開封・検認手続きを相手に求めたらよいと思います。

 

その書面の内容によってはさらにあらたな事実の確認もあるかもしれませんので、とりあえずは書面について確認するようにしましょう。

 

ご自身で連絡を取ることがおつらいようであれば、相談者様から弁護士さんを依頼されて相手方に連絡を取ってもらい、解決を進めてもらってはどうでしょうか?

 

借金も相続財産の一つではありますので、放棄しない場合は残債があるなら処理する必要はあります。

 

借金の残額と不貞の慰謝料を相殺することも可能性としては残っているように思います。

 

新たな巨額な借金でも発覚しない限り大ごとになることは無いと思います。

 

家族や友人知人などから弁護士さんを紹介してもらえるなら弁護士さんを紹介してもらって相談して相手方のもとにある遺言書の引渡しと検認手続きを進めてもらったらよいと思います。

 

弁護士について紹介してもらうあてがないときは、地元の弁護士会あるいは法テラス(司法支援センター)に相談されて弁護士を紹介してもらい相談・依頼を検討されてはいかがでしょうか?

 

法テラス

http://www.houterasu.or.jp/

 

0570-078374(おなやみなし)
PHS・IP電話 03-6745-5600
平日 9:00-21:00
土曜 9:00-17:00

 

以上、お答えします。

 

不足や追加の質問があるときは返信でご質問ください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

不貞について精神的に苦痛をうけ、それに対しての慰謝料の金額は私の方から金額の指定はできないのでしょうか?相手方が言ってきた200万の額で領解しなくてはいけないのでしょうか?

車の購入の件についても、私は全く知りませんでしたが、夫が返済すべき債務を証明できた場合、、結局その分も私が返済することになるのでしょうか。。

 

開封、検認手続を私から行った方がいいのでしょうか。

私は今、相手方この後、どういう形で出るか見てから動きたい、と考えているのですが、その前に動いた方がいいのでしょうか。。

 

本当に、結果500万私が相続しなくてはいけなくなったら、(これにおいては認めたくないですし、、放棄を認められるなら放棄したいくらいなのです) 私が不貞に対する慰謝料請求

からの差額を支払う。。ことで認めなくてはいけない、、ということでしょうか。。

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

通常、離婚しない場合の不貞の慰謝料は裁判の統計では50~150万くらいが多いようです。

交際期間が長くても200万まで認められることは難しいかもしれません。

その意味では200万という相手の提示は低い額ではありませんのでこちらにとって好都合な話です。

 

もちろん相談者様が今までの苦痛を込めて300万とか500万円請求することは可能ですが、裁判で認められるかどうかは裁判の行方次第です。

 

その車は今どこにあるのですか?

一時的に借りていて女性に返却しているならそもそも返済すべき債務は無いかもしれません。

借りたのではなくプレゼントされていたかもしれないでしょうし。

 

そこについては相手が何らかの形で貸し借りの証明をしない限り応じる必要もないでしょう。

 

すでに約110万円旦那さんが生前に返しているのですよね?

 

だから、今更500万円返さなければならないことにはなりませんよね?

 

車の分も相手女性の勝手な言い分であって事実確認できているわけではないのですから考慮しなくていいと思います。

 

そうすると返さなくてはいけない額があったとしても200万以下ですから途中にお答えしたように200万(仮の不貞の慰謝料)>約190万(残債務)=0以下で終わりにするあるいは不足分をこちらから相手に請求する解決方法もあるのでは?

 

というお話をしています。

 

借り入れの300万円は相談者様も生前から知っていたことでしょうし、事実かどうかは別として200万円の車の話も生前に聞いていたことのようですから、金曜日に初めて知ったことではなく死亡後3か月を過ぎてからの相続放棄の主張は残念ながら難しいと思います。

 

相談者様が、待つことを耐えられるなら待ってもいいと思います。

 

しかし、不意な訪問などにおびえることがつらいのであれば、弁護士に依頼するなどして相手の言っている「託された書面」について確認して早期に解決を図ったほうが良い方に思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

質問者: 返答済み 5 年 前.

おそらく相手方も何らかの形で弁護士に相談している際、裁判した場合に不貞の慰謝料は200万もかからないから払う必要ない、、等と提案をうけていた場合、、私の主張は通るのでしょうか。

そして、不貞の慰謝料とは別に精神的苦痛、屈辱をうけた(心にうけた傷)今までに彼女から言われたことなどによる苦痛を別の慰謝料として訴える事はできないのでしょうか。あくまでも不貞の慰謝料で、ひとくくりになってしまうでしょうか?

 

その車は今彼女が乗っています。。

しかし、それ自体夫の借金と判断された場合(書面上で、)500-110(返してきた金額)-(

不貞の慰謝料)となることですよね?

 

そもそも、、最初の借用書(勝手に彼女がワープロで打ってきたもの)自体、、夫が署名捺印したとしても、、法的に認められるものなのでしょうか

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

現在その車を彼女が乗っているなら、そもそも一時的に借りただけだったのでしょうから、車代全額を支払うべき理由など無いでしょう。

 

車代を全額こちらが払うなら車をこちらがもらわないとおかしいでしょう?

おそらく自動車税の納付書も一度もご自宅に来たことないのでは?

 

そもそも相手方女性の名義の車なのでしょう。

 

 

「今までの苦痛を含めて300とか500万請求しても構いません」と前回の回答でお答えしているように、慰謝料には明確な計算式はありません。

 

相談者様が不貞を含め自分の受けた苦痛を500万だと思われるならそのように請求してもおかしなことはありません。

 

裁判になれば裁判官が一切の事情を考慮して判断することになります。

 

裁判する際は弁護士に依頼して相談者様の思いやここに至るまでの事実を詳細に主張してもらったらよいと思います。

 

旦那さんが記載している内容の事実を認めて自ら署名押印し、返済も実行していたわけですからそれなりに証拠として有効だと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

もし、夫名義で女性が支払っていた場合は、、自動車税の納付書はこちらに送られてくることになるはずですよね。これにおいては一切こちらにはきておりません。

しかし、前の質問のお伝えした通り、車の全額を夫が自分の借金と認め書面を残している場合は返済 を私がすることとなるのであれば、、私の反論として、では車を返してくれ、と言ってもいいことなのですよね。

そして、もし今だにその車のローン等あり、彼女が支払っているのであれば、今日までのそれまでの支払を相続の金額から差し引いてもらう主張を言うことは間違ってますでしょうか?

 

そして、裁判になった場合、双方の主張がすべて食い違った場合に、すでに夫が死亡していて確認しようがないので、結局、、裁判官が双方の主張からの判断で裁決をくだすわけですよね。

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

そうですね、車の代金全額の弁済を相手が求めるなら、こちらは車をもらう権利が出てきます。

 

自動車税の納付書がご自宅に来ていないなら、その車の納税義務者は女性であり、車は彼女が購入したものだと思います。

 

新たに車の弁済についての借用書が出てきたときは、旦那さんが今までにいくら弁済したのかを確認したうえで不足分を支払う必要があるかもしれませんが、旦那さんが手放した後女性が乗っていた分の使用料を請求する方法もあるかと思います。

 

車を時価額分で女性に買い取ってもらって支払いを減らす方法もあると思います。

 

いろいろな考え方があると思いますが、想像の域を超えない話ですので、まずは相手から車代を請求されたときに、借用書の有無から確認されたらよいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

できるかぎり、、少しでも相手の要求額を(300万返済しろという要求に対し)受け入れないために、相手の出方を待つことにしたいのと、、

 

もし、このままある程度の期間、相手方からなんの連絡がない場合、、そのまま放っておいてこちらはよいのでしょうか

 

やはり、自筆証明の開封を先方が申し立てした際は、、その時点で私の弁護士立ち会いを希望することはできるのでしょうか。

 

開封後の際、もし、私が内容には納得できない、とすぐに相手方に言うことはできるのですか?そのとも後日、納得いかないことを弁護士さんを通して私側から裁判要求を申し立てないといけないのでしょうか。。

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

相手が今後請求することなく、こちらもそれにあわせて放置するのは自由です。

 

個人間の借金の場合、時効は10年です。

 

遺言書の開封手続きは家裁で定められた手続きにのっとって行うものなので、案内から期日までに相応の日数も確保されますから立ち会いに弁護士さんを依頼することは可能です。

 

検認はあくまでも遺言書の内容の確認作業ですから、その時点で弁護士さんをお願いする必要は無いかもしれません。

 

問題は、その書面に何が書かれているかです。

 

納得いかないと主張する必要がある内容のときは、

 

とりあえずその書面が本当に旦那さんが書いたものなのか?

 

から検討すべきと思います。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

時効10年は当初の300万の借用書を書いた時からか、、もしくは最後に支払った期日からのどちらでしょうか?

 

夫が書いたもので、署名捺印までされていた場合は、、本人が書いた、と認めざるおえないのでしょうか、

他に確認方法はないのでしょうか?

そしてその内容が本当に私が納得いかないもので(あくまでも仮の想定で、ですが)

すでに死亡している夫に再確認できない状態ですので、、

それでも、それが夫が書いたものであった場合、認めたくなければ、こちらから裁判を申し立てるしかない、、のでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

時効10年は当初の300万の借用書を書いた時からか、、もしくは最後に支払った期日からのどちらでしょうか?

 

夫が書いたもので、署名捺印までされていた場合は、、本人が書いた、と認めざるおえないのでしょうか、

他に確認方法はないのでしょうか?

そしてその内容が本当に私が納得いかないもので(あくまでも仮の想定で、ですが)

すでに死亡している夫に再確認できない状態ですので、、

それでも、それが夫が書いたものであった場合、認めたくなければ、こちらから裁判を申し立てるしかない、、のでしょうか。

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

最後に支払ったと確認できる日、あるいは、債務の承認をした日です。

 

筆跡を疑う余地があるなら偽造と主張したら思います。

 

明らかに本人が書いたものでも、生前の日常生活から到底信じられないようなことが書かれているなら偽造も含めて検討すべきと思いますが。

 

どちらにしてもその書面を見てから考えるべきことです。

 

女性がその書面の作成に関わっていて、内容を知っていたと仮定した場合、自分に有利な書面があるなら速やかに検認の手続きを取ってくるように思います。

 

しかし、1000万円以上保険金がないなら請求しないようなことを言っているならそれほど巨額な貸し付けが新たに出てくるとは想像しにくいです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

『何が書いてあるかわからない自筆の遺言がある、、そのために印鑑証明も取った』、と言われましたが、そもそもそれを、彼女本人が知っていることがおかしいと思うのですが、、

私が思うにそれを作った本人自体しかわからないことではないのか、、と思うったのですが、違いますが?

 

そして、その遺言は今どこに保管しているか、は何も言ってなかったのですが、、彼女自身が持っていることもありえるわけですか?

まだ、第三者(司法書士の方等に)に渡しているのか、銀行の金庫に保管しているかなども考えられますよね?

彼女自体が持っていてもよいものなのでしょうか?

 

そして印鑑証明は何個も作れるものですか?

作成できないのであれば、自宅に保管していた夫の印鑑証明を本人が持ち出したことになるわけですよね?だとしたら、、考えられないのですが、、

それとも事情に合わせて、新たに印鑑証明を(印鑑を)作れるのでしょうか?

 

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

親しい人に遺言を託す人はいますので、知っていても不思議ではありません。

 

持っている分には違法なことではありません。

 

旦那さんの印鑑登録証明に登録した印鑑は一度も家から持ち出されていないという意味でしょうか?

 

一時的に違う印鑑を実印として登録している可能性もあるかもしれません。

 

どちらにしても、実物のその書面を見てからの話です。

 

次に女性とその書面の話になった時は、「被相続人の遺言書があるなら相続人として知る権利があるから所在を明らかにするように。」と求めたらよいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません、私は印鑑証明を出す際に使用するカードのことだと思いました。印鑑証明を作った際の実印は主人も持ち出すことができる状況ではあったので、、おそらくそれをを利用したのかもしれませんね。。新たに一時的に違う印鑑を実印登録することはそもそも認められるのでしょうか?

 

どちらにしても実物の書面をみて、現在の実印と同じか確認が必要なわけですよね(本人が本当に書いたかも、含め、、)

 

後、相続放棄を死亡後、3か月以内にしないと、、とのことでしたが、例外で延長が認められるケースもある、とネットで見ましたが、、どういうケースが例外でしょうか。

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

例外は、死亡時に放棄の期限を過ぎてから予想外の債務があとで発覚したような場合です。

 

今回の場合、300万円と車代らしい200万円も死亡する前に相談者様も知っていたわけですから、その理由には当たりません。

 

今後明らかになるかもしれない遺言書で巨額な借金が明らかになった時、あるいは、ほかの金融機関から同じように旦那さん名義の巨額の債務の存在が発覚した時は放棄が認められる可能性が無いわけではありませんが、現時点ではそのような事情はありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

不貞の件で、再確認したいことがあります。

最初に自宅に押しかけ、夫に借用書に署名捺印させたあと、彼女がお金を貸し、さらに結婚の約束もしていたのに、いつのまにか、私と結婚をしていたことに対し、何も言わなかった夫を許せないようだったから、夫をひどくその時はせめていました。

 

なので、、当然一般常識として、またそ の夫と男女関係を続けてたことは通常ありえないわけなのに、彼女もそれを受け入れてきたということは、気持があったということにあたいしますよね、この不貞において私が離婚に応じたくても夫が認めなったことと、家がもめていることも彼女は知っていた事、、、そいう状態を知りながら男女の関係を続けていたことは、訴訟の際、相手に与えるダメージが強くとらえてもらえるか、もしくは私が体の相性等の点で受けた精神的ダメージも含め、相手の立場を悪く印象づけられるポイントになる要素に値するでしょうか。

裁判官次第になってしまうのでしょうか。。

 

私には今だに、夫はあなたより私の事が好きだった、あなたが離婚を何度お願いしても夫が拒んだのは、私がうけいれなかったからだ、私が受け入れていれば私のもとに帰ってくるはずだ。。と言う始末です。。

離婚してない場合の慰謝料請求は(理由によっては彼女(あくまでも彼女が言った200万と死んだ夫の分(これは夫にも非があったと彼女が言ってきた場合)も私が彼女にその分を合わせて請求できるのでしょうか。。

やはり死亡している人間には難しいのでしょうか。。

あくまでも、彼女のみからとれる慰謝料だけ、でしょうか。。

 

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

不貞行為とはそもそも配偶者のいるもう片方の配偶者を関係を持つことです。

 

そもそも悪意のある前提の慰謝料です。

 

過失なく妻帯者を独身と信じて交際していた場合、不貞の慰謝料は認められません。

 

諸々の事情は考慮されますから、裁判になる場合でも裁判外の話し合いでも主張すべきことは主張すべきと思います。

 

相手女性は相手の立場から勝手なことを言うだけです。

また、浮気をする男性は両方の女性に都合のいいことを言いますから、女性は自分の都合のいいように解釈しているだけのことです。

 

不貞行為は不真正連帯債務ですので、あなたとしては相手女性に夫の分も含めて請求することは可能です。

 

また、何度か書いたように慰謝料の計算式はありませんので、自分の納得できる額を請求してみたらよいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ではすでに死亡している夫も生前の不貞行為を認めているので、裁判の際、死亡しているから認めない、というわけではにのですね。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません、追加確認ですが、このまま相手から連絡がなく、時効10年の間に、私が再婚した場合は、、その時点で相続しなくてもよい、と判断していいのでしょうか。

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

不貞の事実があった時に損害が発生しているのですから、当事者の片方が亡くなっていても相手女性の責任が消えるわけではないでしょう。

 

相続は旦那さんが亡くなった時に発生しています。

この先再婚しようとしまいと旦那さんの死亡や相続の事実が消えることはありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再婚しても相続の事実が消えることはない?ということは、、再婚して別姓になっても私が借金を支払い(裁判結果でそうなった場合は)続けなくてはいけない、、ということでしょうか??
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

そうなります。

 

裁判などで何かが決まったということは、相談者様が何かの義務を負うことです。

 

再婚したからと言ってその義務が消えることはありません。

 

旦那さんの死亡と同時に相続が開始していますから、仮に、何も決まっていない今誰かと再婚されて、氏が変わったとしても、相談者様が亡くなった方の相続人であることに変わりはありませんから、相続した財産に対する責任を負うことになります。

 

名前が変わったからといって人が変わるわけではないでしょう?

質問者: 返答済み 5 年 前.

そうですか。。

 

今、相手の出方を待つ間に、何人かの弁護士さんに事前に相談しておいた方がいいようですね。

 

自筆の遺書の件はこのまま相手方が裁判をおこさないような場合(こちらに連絡がなかった場合です)、この先、相手からが申し立てをおこさない限り、私は何か手立てを打っておかなくてよいのでしょうか??

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

遺言書の中身がわからない状態では対策のしようがないと思います。

 

弁護士さんに面談で相談して基礎的な知識を備えておけばよいと思います。

sakurabitoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問