JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4912
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

今年1月に父が亡くなりました。父は、母と私の姉の三人暮しでした。生前から、私の長女名義の預金をいくつかしており、遺し

解決済みの質問:

今年1月に父が亡くなりました。父は、母と私の姉の三人暮しでした。生前から、私の長女名義の預金をいくつかしており、遺しておくからと言っていました。
 私には、三人子どもがいますが、生後一年間実家で育ててくれたため、長女を特に可愛がっていました。
 ところが、単なる口約束でした。
 父の死後、母が「単に名義を使っていただけだ。」と言います。
 このような場合、どのように判断したらいいのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

初めまして、民事法務専門の行政書士のsupertontonでございます。

まずは、ご愁傷様です。

基本的に、推定相続人は配偶者であるお母様とご姉妹がお姉様と

ご相談者様の2人であれば、全部で3人となります。

ご相談者様のお子様達(長女様も含めて)は相続人ではありません。

お話から、遺言は無さそうですから、法定相続か遺産分割協議で

相続手続きをされる形だと思います。

いわゆる、お孫さんにあたるご相談者様の長女様の預金が誰の

ものかと言うことですよね。

結論から申しますと、昔の判例で

名義預金(家族の名前で誰かが預金するもの)の場合

出損者(お金を支払った者)が預金者になると言うものがございます。

そういう意味では、お母様の言い分も間違ってはいないかもしれません。

ただ、それであれば、お父様の口約束であっても

遺言と言いますか、契約のようなものは成立しないことになります。

ただ、そこで別の問題が起きます。

その預金は、お父様からお孫さん(ご相談者様の長女様)への

贈与だったのかどうかです。

生前贈与の場合、相続が発生する前3年間の贈与は

相続財産に含めて相続税の対象となります。

ただ、これは相続人に対してですからお孫さんには適用されません。

そこまで見越してそのようなことをしていたのかわかりませんが

もしそうなら、凄い方です。多分、遺言状も無いようであれば

偶然の産物かもしれません。

とは言え贈与ならもうお孫さんに与えている訳ですよね。

また、別の側面で、そのお孫さん(ご相談者様の長女様)の預金が

お父様の相続財産に組み込まれたとしても

法定相続であれば、ご相談者様に全体の4分の1(先ほどの相続人が3人の場合)

は行くので、その分をご相談者様の長女様に与えるでも良いでしょうね。

ただ、お母様とお姉様が結託して、遺産分割協議で策を弄したら

困りものです。

それと、名義変更の問題がございます。

ご相談者様の長女様の表面上は預貯金ですから

お母様の勝手で解約はできないとも言えます。

仮に、名義預金でお父様のものとしても

遺産分割協議書の作成がなければ、解約もできなくなります。

とりあえず、遺産分割をどうしたいのか

お母様とお姉様と話し合って対応を考えると良いのではないでしょうか。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 6 年 前.

 回答有難うございます。母と姉とは、お金の事について話し合えるような状態ではありません。

 このまま解約してしまうと、現金化したお金は、どんどん使われて無くなってしまう訳ですし、解約に手を貸すのはためらわれます。解約して渡すように催促されています。

 長女のものとして考えるのには、無理があるのでしょうか?

質問者: 返答済み 6 年 前.

 回答有難うございます。母と姉とは、お金の事について話し合えるような状態ではありません。

 このまま解約してしまうと、現金化したお金は、どんどん使われて無くなってしまう訳ですし、解約に手を貸すのはためらわれます。解約して渡すように催促されています。

 長女のものとして考えるのには、無理があるのでしょうか?

質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

額にもよりますがご相談者様の長女様のものと

考えても、贈与としてして考えれば問題はないと思います。

暦年贈与の問題もありますが

額的には年間いくらぐらい入れていたのでしょうか?

現金化して使うと言うことですから、相当の額なのでしょうか。

お母様達のおっしゃる通り解約するのは、長女様しかできない訳です。

放っておくと言うのもありますが

全体の遺産はどれだけになるのでしょうか?

その預金が最大の遺産であれば、親兄弟の縁を切るつもりで

無視するしかないですね。

相続の問題が絡んでいますので、今回の件は全体の相続財産を含めて

判断しないと難しいところですね。

預貯金の部分だけで考えるのであれば、長女のものですと

主張されると良いと思います。

先方が、争うつもりであれば、家庭裁判所に遺産分割の調停を

申し立てるでしょうから、それまでは無視しても良いのではないでしょうか。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問