JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4283
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

5 3 59 53 50 5

質問者の質問

はじめまして、宜しくお願い致します。私は5人姉妹の3女です。姉は59、56、53(私)50、49歳5人 とも既婚です。現在農業を営む父88歳、母85歳を姉(56歳)夫婦が同居して見ています。姉夫婦には子供無し、お婿さんは64歳才です。父(88歳)は今だ元気なのですが、私達娘には昔から強く、「土地を分けてやるから相続には口を出すな!」と言い、土地を貸している使用代金、年間600万以上は姉のお婿さんの名義にしてしまい、16年がたちます。話し合いもしてくれず、強制的に「相続を主張するな!」の一点張りです。私達は中が良く、子供の時から農業を手伝って生きてきました。多くを貰おうとは思いませんが、不況の中子供を育てる上でもお金が掛かります。儀兄さんの名義のお金を分けてもらう事は出来ないのでしょうか?土地は分けてくれると言いましても、家を建てた今でも父の名義のままです。土地も70パーセントは2女56歳に譲るそうです。姉妹がどんなに法律に乗っ取った相続をしてくれるように頼んでも無理です。このまま父が亡くなったらどうしたらいいのでしょうか?儀兄も良い人で父が死んだら分けると言っていましたが、このごろ分けるつもりが無い様な事を言い出しました。宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

推定相続人がお子様たちご姉妹5人とは、最近では兄弟2人でももめる時代ですから

かなり複雑でしょうね。

特に、他人なら遠慮もしますが、身内なら遠慮も何もありませんからね。

そういう意味では、相続争いを覚悟すべき案件かもしれません。

仮に、遺言が無ければ平等に分ければ良いですが

遺言があると、お子様のいないご姉妹とか、お父様の面倒をみてくれた方に

多めに渡すなんてことは大いに考えれます。

そのあたりの動向は注意すべきでしょうね。

また、お父様もその年齢では、頑固になって人の言うことを簡単には聞かないでしょうね。

そういう意味では、お父様が信頼できるような第三者(弁護士の先生)等に

説得してもらうなどした方が良いでしょうね。

不動産がありますので、平等に分けるといっても必ずもめるとは思いますから

日ごろから、その不動産にどれほどの価値があるのか査定しておくことも

ポイントです。昨今の事情で、不動産はどんどん価値を下げている現実もありますね。

基本的に、600万と言うお金は、贈与か何かされているのでしょうか。

これは特別受益にあたりますので

法定相続なら、この部分を差し引いて計算することになります。

いくらもらっているかの確認は必要ですね。

結構な資産のようですから相続税の心配もあるかもしれませんね。

財産の動向を相続が発生するまで見守り続けておいて

いざという時にあわてないよう、証拠など確保しておくべきですね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 

詳しく返答を頂きまして誠にありがとうございます。

 

お聞きしたいことがあります。

600万円を16年ほどですから、9千万円ほどですが儀兄名義の口座に振り込む

形になっています。贈与などの形にはなっているかいないか分かりませんが、

書類的に贈与などと言う書面は無く、口約束の形で義兄の口座に入れているものです。

これも法定相続上、「特別受益」とは何を言っても私達には手を出せないお金なのですか?

私達も土地を切り売りするつもりは無いのですが、

土地の評価額は総額で8年前で4億と言われました。

相続が発生した場合、不当性を主張出来るような制度は無いのでしょうか?

法的に全てを半分し、残り半分を4人で分けるだけで良いのですが・・・・。

宜しくお願い致します。

 

 

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

特別受益に関しましては、推定相続人と言うことですから

義兄様の場合は、贈与に当たりますから、贈与税を支払っているのかと

言うことになります。贈与税の割合や額等は、税理士の先生や税務署に確認するに

しても、かなりの額になるはずです。

そういう意味では、義兄様が推定相続人に養子縁組でもしてないと

あたらないので、上手く考えられたのだと思います。

ただ、実質的には、ご夫婦ですから、配偶者の義兄様に振り込んだとしても

お姉さまに振り込んだとも言える可能性はあります。

あまり良くないことですが、贈与税を支払っていないと税務署に告げ口すると

主張して、何とかお金を分けるように促すという手もあるでしょうね。

現時点では、お父様が頑固に聞き入れないでしょうから

相続が発生したときに、遺言が無ければ

遺産分割協議が行われますので、そこでのご姉妹たちの話し合いでしょうね。

その場合、他のご姉妹を味方につけて共同で対応すれば良いでしょうね。

あまりにも、もめるようであれば、家庭裁判所の調停が利用できます。

いずれにしろ、それだけの財産があれば

遺産分割協議が終わるまでに時間がかかる可能性がございます。

基本的に時効はないので10年以上も争っているケースも多いです。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4283
経験: 中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

先日は、ありがとうございました。

 

質問があります。

先日、儀兄が養子縁組をしていることが分かりました。

 

義兄は「特別受益」として受け取り、私達残りの姉妹はお金には口を出せない

ことに法律上なってしまうのでしょうか?推定相続人の私達は、義兄も同じ権利を

主張する事も不可能になるのでしょうか。

養子縁組がして有ると無いでは、贈与税、相続税などに違いが出るのでしょうか。

 

宜しくお願い致します。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

そうですか。いろいろ姉様ご夫妻は、ずる賢くやっているようです。

養子縁組をしていますから

当然、本当の子供と同じ扱いになるので

推定相続人が一人増えて、法定相続の割合も

ご相談者様達は少なくなります。

特別受益となれば、その財産も入れての総額の計算になります。

贈与税を払ってないなら、そういうことで良いのだと思います。

仮に、義兄が、養子縁組をしてなければ

義兄の相続税は、2割増しの計算になりました。

相続人以外は相続ではなく遺贈となります。

遺贈の場合は、推定相続人ではないので

控除額の一千万円の人数には入りません。

今回は養子縁組しているので

普通の相続税と、控除額の人数にも加わります。

いろいろな意味でずる賢い人たちだと思います。

やはり、ご相談者様たちも、義兄ご夫妻には

注意深く対応することになると思います。

頑張って下さい。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    118
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    118
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    47
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    49
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問