JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

伯父名義の土地に伯父の家と私たち4人家族が住む家がありました。伯父は一人暮らしで、私達の子供が生まれた時から非常に可

解決済みの質問:

伯父名義の土地に伯父の家と私たち4人家族が住む家がありました。伯父は一人暮らしで、私達の子供が生まれた時から非常に可愛がってくれて、子供たちの教育資金の援助もしてくれていました。途中脳梗塞で倒れ、現在は介護4の状態で、頭はしっかりしていますが、体は半身が思うようにいかない状況です。伯父には弟がいて、定年退職したこともあり、伯父の介護をしに来てくれています。なので、とても親切な叔父だと思っていましたが、私の主人が亡くなったとたん、伯父が資金援助してくれていたお金を私が使い込んだといい、すぐに返済するように迫ってきました。また、伯父と伯父の弟夫婦が養子縁組し、私達を追い出そうとしているように思えます。この養子縁組は、区役所から本人確認が取れず、本人が窓口に来られなかったために、虚偽ではないかという連絡があり知りました。そのことを伯父に 知らせたところ、車いすに座らされて、よく知らないが自分の名前を書くように言われて二か所名前を書いたと言っていました。しかし、取り消したいので不自由な体ながらも、自分から取り消しに行くといい役所に行こうとしたところ、弟のほうの叔父に見つかり、伯父はベッドに連れ戻されました。その次の日には、今までなかった鍵が入り口に設置されて、伯父との交流を遮断されるような状況になっています。このとき、警察に通報し、介護4の自分の自由に動けない伯父が寝ていることも言いましたが、警察の返事は、弟の叔父の言い分をそのまま受けて「、防犯のために善意でやられたということです」という内容のものでした。介護4の伯父に警察の方が確認されましたが、鍵が設置されたことを伯父は知りませんでした。このような状況で、もしも伯父が亡くなった場合には、生前援助してもらっていた資金は勝手に使い込んだものとなり、養子である弟の叔父と養子となったその妻に返済する義務が生じることになるのでしょうか。また、夫の母親と夫の名義の建物ですが、土地は養子となった伯父夫婦のものとなり、土地代を払わなくてはいけなくなるのでしょうか。または、住むためには、弟の叔父夫婦からこの土地を購入しなくてはいけなくなるのでしょうか。介護4の伯父は、私の息子である子供に全財産を贈与したいといっていますが、それは可能なのでしょうか。養子にするとしたら私の息子しか考えられず、弟夫婦が養子であることはおかしいと言っていますが、今の状況ではそれをするのもできないような状況です。何かいい方法は無いでしょうか。伯父を我が家の側に連れてこようとしていますが、それも、どのような方法で阻止されるか怖いのですが、叔父を排除する良い方法はあるのでしょうか。教えていただけるとありがたいです。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

初めまして、民事法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

お話が、事実だとしたら、何とも理不尽な話でもあります。

ただ、相手の言い分もあるでしょうから難しい話ではあります。

 

伯父様の方の推定相続人になる配偶者と子と直系尊属(伯父様のご父母)がいなくて

法定相続だと推定相続人の一人は、伯父様の御兄弟である、ご相談者様の亡くなられた

ご主人のお子様が代襲相続をいたします。

 

ただ、今回は、養子縁組を叔父様夫婦とされたと言うことですから

子が存在して、すべての遺産はそちらに行くことになります。

実の兄弟で養子縁組なんてほとんどありませんから役所もおかしいと思うのは

当然でしょうね。

 

とは言え、協議での養子縁組の離縁が出来ないようであれば

家庭裁判所で調停離縁、裁判離縁を申し立てると言う手もございます。

この辺りは、弁護士の先生にご依頼されると良いでしょうね。

 

もしくは、公正証書遺言を書いてもらって全財産をご相談者様の関係者に

遺贈するみたいなのでも良いでしょう。

公証人は出張作成ができますので

民事法務手続きの専門の行政書士などにご依頼されても良いと思います。

 

また、仮に、そう言うことができなくて、相続が発生して

叔父様達が、遺産を相続しても

使い込みの証明なんて簡単にできませんし

すぐに不動産から追い出すこともできないでしょう。

とは言え、叔父様達の財産として不動産を売却でもされたら

そこに住み続けるのは難しいですね。

 

こう言う、相続財産の問題は、身内であるが故に

他人ほど遠慮がなく、本音がもろに出るものです。

骨肉の争いとはよく言われるものです。

 

ですから、ご相談者様も、人を信じるなとは言いませんが

十分注意して対応しないと大変なことになります。

警察も民事不介入で対応はしてくれないと思います。

 

遺産をめぐっての陰惨な事件もありますので

関わらないのが本当は一番なのですが

(現実問題として身の危険もあります)

まずは、公正証書遺言作成に動いてみてはどうでしょうか。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問