JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

4月に母が亡くなり相続で先日生命保険料を半分数十万受け取りました。 土地や建物のことはまだ相続人の兄弟とは話してお

解決済みの質問:

4月に母が亡くなり相続で先日生命保険料を半分数十万受け取りました。
土地や建物のことはまだ相続人の兄弟とは話しておりません。
今後どうしたらいいでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

 

生命保険料はみなし相続財産となります。

 

お母様がお亡くなりになったと言うことで

相続人がご相談者様と他のお子様(御兄弟)のみと言うことですね。

 

たぶん、遺言が無かったと言う前提のお話だと思います。

 

その場合は、お子様達で、遺産分割協議書を作成しないと

預貯金の名義変更や不動産の所有権移転登記等ができません。

 

仮に相続税がかかる対象財産だと

10カ月以内に相続税を申告する必要がございますので

急がれた方が良いでしょうね。

 

遺産分割協議書はご自分たちでも作成できますが

専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼するとスムーズに行くと思います。

 

特に、土地や建物の不動産は分割が難しいので

トラブルになる部分です。

早目に、御兄弟で遺産分割協議の方を進めた方が良いでしょうね。

 

まずは、すべての相続財産、プラスもマイナスもあげて

財産目録を作成するところから初めて下さい。

 

遺言が無ければ、相続人確定からにもなりますが

特に問題が無ければ自分たちでもできますが

これも専門家に頼むことも可能です。

引っ越しとか多い方とかは結構面倒な場合もありますね。

 

仮に、遺産分割協議でまとまらず揉めるようでしたら

家庭裁判所に調停も申し立てられます。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問