JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4764
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相談内容

解決済みの質問:

相談内容  25年前に父親が亡くなり、母は健在です。父親名義の土地、及び母親名義の土地をめぐって兄弟でもめています。長男は父親名義の土地や母親の名義の土地をすべて自分のものにしようとあらゆる手をつくして兄弟を騙したり、母親を恐喝まがいの行動を起こしてきます。私が一番懸念していることは長男が年老いた母親を精神的に追いこんで母親名義の土地を自分のものにしようとしていることです。 私は次男ですが   1.母親名義の土地を兄弟6人で均等に分割することと   2.家の催事は長男が継承すること   3.母親の面倒は皆で見ること を条件に遺産分割協議書の覚書を交わし、父親名義の土地の分割協議書(多くが長男が土地を相続する内容)に署名捺印しました。その後の経緯と相談したい裁判についてかんがえているので下記にその訴状内容を書きます。 訴状主旨    長男は弟を仲介人として、私に遺産分割協議書に捺印する事をせまりました。   私は遺産分割協議覚書をかわし、紳士協定に偽りはないと思い遺産分割協議書   に署名捺印をし、登記処理は終了しました。これで長男は家の位牌をきちんと   引き継ぎ家内安泰と思っていましたが、しかし、お盆後父親の実家等の名義が   自分のものになった時点で、母親の面倒は見ない、また、母親の位牌は継がな   いと言い出しました。父親の位牌だけは自分が守るが母親の位牌は私に見ろと   言ています。その魂胆は兄弟6人で分割しょうとしている母親名義の土地を母   親を追い込んで自分のものにしようとしているにすぎない。    私は母の死後、父親と母の位牌を分割することはできません。そういうこ   とを言い出してきた長男を絶対に許すことができません。今となっては初め   から長男は計画的に仕組んだことであり、私はこれに踊らされていただけに   すぎません。私は兄弟全員を愚弄できる長男は許せません。兄弟間の情さえ   も利用して財産を自分だけのものにしようとしている長男を許せません。    以上より、私は長男が遺産分割協議覚書の紳士協定に違反していると思わ   れるので、実家等の登記(先日遺産分割協議書により登記がなされたばかり)   を無効にする裁判を起こしたいと思います。私は一人身なので、その裁判で   無効にした土地の名義は弟にし、家の位牌・祭事等の継承は弟にしたいと思   っています。 追記 長男として母親の面倒も見ず、実家にもわずかな金しか投入せず、長男と    しての権利のみを主張している。また、自分の金のごとく母親の生きてゆ    く資金さえも言及してくる。その中でも兄弟は長男として今後のあり方に    期待し、譲歩して遺産分割協議覚書を作成したがそれさえも無視してくる。    そうなれば他の兄弟が期待した長男の義務を放棄することになりますので、    期待して譲歩した既相続名義変更した分全て取り下げ、母親の安心のため    にあらたに家族協議にかけたいと思います。 以上が概要ですが相談にのっていただけたら有難いと思います。  長男への裁判所からの勧告だけですます方法はないか、もし裁判が必要なら裁  判の仕方、弁護士費用等を教えていただけたら教えてください。

*母88歳

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続き専門の行政書士のsupertontonでございます。

お話しからご長男の方に騙され悔しい思いをされていることがわかります。

ご心痛お察し申し上げます。

ただ、相続が発生したのが25年も前のことですから、いろいろなことに時効が

成立したり、記憶があいまいで、裁判と言うのは難しいのではないかと思います。

お話から、遺産分割協議は既に終わっていて

お母様の土地はまだ6分割はされてないと言うことでしょうか?

改めて遺産分割協議をするにしても、家庭裁判所で調停をするのが良いでしょうが

年数が年数なので受付けるかどうか。

とは言え、遺産分割に時効はないとも言われていますので可能かもしれません。

相続権の回復が5年の時効なのでどうなるかですね。

とにかく現時点での、お父様の土地やお母様の土地がどうなっているかですね。

状況によっては、お父様の遺産相続はさておいて

お母様の遺言書を、公正証書で作成して長男の暴走を防ぐ手はありますね。

また、お母様の資産を勝手に食い荒らされないために

成年後見制度や、財産管理契約などを利用しても良いと思います。

裁判以前に、弁護士の先生に状況を相談してみた方が良いかもしれません。

公正証書遺言や成年後見制度は、行政書士や司法書士の先生でも

問題ないと思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

父親の遺産分割協議は遺産分割協議書の覚書を交わして既に終わっていています。

母の土地はまだ6分割はされていません。母親は遺言を書きたくないので皆で話し合って決めてくれ言われて、遺産分割協議書の覚書を作成し、皆で署名捺印し、公証役場で日付の確認印を押して貰っています。

家庭裁判所で調停や審判をするのに、弁護士が必要か、ネットで調べてみると弁護士費用が50万円以上かかるみたいだが、まずはそんな金はかけず遺産分割協議書の覚書を強制的に履行してもらいただけです。それでだめなら遺産分割協議書の覚書に違反しているので2カ月前父親から兄へ名義変更した分の取り下げをしたいのです。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

土地が分割されてないとなると、現時点で共有と言うことですから

他の相続人と共同して対応されと良いでしょうね。

でも、ご長男の方も署名捺印している訳ですか?

調停レベルでは弁護士の先生はご依頼されなくても大丈夫ですが

いかんせん、不動産だけに、いろいろ裏技など使われると困りますので

(勝手に嘘の登記などされても困ります。)

弁護士の先生にご相談だけでもされてはどうでしょうか。

また、相続のトラブルは、遺言がないことで起こることがほとんどです。

特に公正証書遺言を作成して無いと本当に揉めることになります。

相続が「争続」にならないように無理してでもお母様にお願いした

方がよろしいかもしれませんね。

行政書士に頼めば割と安価にするかもしれません。

また弁護士の先生の費用は、着手金だけでも何十万もしますし

成功報酬も取られますので、お考えの通り最終手段にするしかないかもしれません。

調停が始まれば、調停委員が、良い方向を判断してくれると思われます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問