JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨日はありがとうございました。 調停を申し立てようと思うのですが 申立人は私で大丈夫でしょうか?

解決済みの質問:

昨日はありがとうございました。

調停を申し立てようと思うのですが

申立人は私で大丈夫でしょうか?

また家裁に申し立てるにあたり

何が必要でしょうか?

宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

こちらこそありがとうございます。

 

申立人は利害関係者(相続人)であれば問題ないと思います。

申し立ての用紙がありますのでそれを書くだけですので

特に必要なものは要りませんが

陳述書の形で、これまでの経緯や何らかの証拠となるものは

ご提出されても良いでしょうね。

(書類は裁判所のHPでダウンロードできます)

 

ただ、注意したいのは、申し立てられる方の住所地が

家庭裁判所の管轄になるのが基本です。

合意が得られればどこでも構いませんが

それを合意管轄と言います。

 

書類の書き方等は、家庭裁判所のHPにも出ていますし

裁判所に確認することで教えてくれます。

 

どうしても対応が難しいようであれば

弁護士の先生に頼むことになります。

ただ、お金をとって何もしない先生も多いと聞きますので

評判の良い先生をお探し下さい。

 

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問