JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

相続財産の預金の分配についての確認の取り消し

解決済みの質問:

相続人(姉弟)が2名おり相続にあたって姉が急ぐと申し立てるので、事前に預金の分配のみについて、姉の預金分配の方法等について記載された 提示メモに内容を確認したとしてサインをしました。このメモ及びサインに法的な拘束力はありますか。後日根拠となる必要書類及び通帳を確認したいと申し出をしましたが頑なに拒否されています。預金の残高証明も一部提示されていませんでした。この確認事項の同意を取り消すことができますか。またその期限と方法を教えてください。遺産は外に不動産がありますが遺産分割協議書は作成していません。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

弁護士です。

そのメモには,預金分配の方法について書かれており,その書かれている内容を確認したという趣旨でサインしたというだけでしたら,額や内訳等の相続財産の内容について了承したわけではないと主張できるのではないかと思います。また,そのメモ自体に日付や作成者名等がなく,あるいは,そのメモの内容があなたの権利について拘束する・制限するものでない限り,そのメモには法的拘束力はないでしょう。また,日本では,署名(サイン)の他に押印も必要とされているので,その点でも厳密な法的拘束力はないと思われます 。
さらに,そのメモの根拠となる書類や通帳の閲覧を拒む権限が,そのメモから生まれるとは思えません。
もしも,拘束力があるならば,お姉様はそれらを見せてもかまわないはずで,もし見せないとすれば,相続財産を構成する預金の額を明らかにしない理由があるからということになります。そのような場合には,仮にメモに「額の根拠を見たいなどとは言いません」と書いてサインしていたとしても,遺産分割に際して不正がなされている疑いが強いわけですから,遺産分割協議を無効としないためにも内容を開示する義務がお姉様にはあるはずです。

遺産隠しは重大な瑕疵ですから,遺産分割前に遺産が散逸するのを防止すべく,正義に則った手続をするよう相続人間で協力なさって下さい。
質問者: 返答済み 6 年 前.

この配分割合によると私の取り分は法定遺留分を下回ることになるのですが、遺産分割協議で仮に承諾したとしても法的に有効なのでしょうか。

質問者: 返答済み 6 年 前.

親切な回答ありがとうございました。メモ確認事項の取り消しは必要ないと解釈してよろしいでしょうか。また、この配分割合によると私の取り分は法定遺留分を下回ることになるのですが、遺産分割協議書で仮に承諾したとしても法的に有効なのでしょうか。ちなみに不忠義なことはしていません。

質問者: 返答済み 6 年 前.

親切な回答ありがとうございました。メモ確認事項の取り消しは必要ないと解釈してよろしいでしょうか。サインに承諾の意志があったと仮定しますとどのようになりますか。また、この種の意思表示の取り消しできる期間は何日ですか。なお、このメモの配分割合によると私の取り分は法定遺留分を下回ることになるのですが、遺産分割協議書で仮に承諾したとしても法的に有効なのでしょうか。ちなみに不忠義なことはしていません。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
メモ確認事項の取り消しは不要だと思います。
サインに承諾の意思表示があったとしても,その前提となる金額の根拠を確認させてもらうことは,承諾の有無にかかわらず可能と思います。
意思表示は,詐欺,強迫,行為無能力以外での取り消しはできませんので,本件にはあてはまらない(取り消しの問題とならない)と思います。金額の根拠や額に思い違いがあった場合,錯誤無効の主張は可能でしょう。期間は無制限です。
遺留分を下回るとしても,遺産分割協議で合意したのであれば,合意は有効であり協議も有効です。
bengoshimailmeをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問