JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sl230に今すぐ質問する
sl230
sl230, Mechanical Engineer
カテゴリ: ホンダ
満足したユーザー: 96
経験:  Mechanical Engineer
60422889
ここに ホンダ に関する質問を入力してください。
sl230がオンラインで質問受付中

平成13年 アヴァンシア TA1-1052573 LA-TA1 ですが、Dレンジランプが点滅。3速固定になってしまい

解決済みの質問:

平成13年 アヴァンシア TA1-1052573 LA-TA1 ですが、Dレンジランプが点滅。3速固定になってしまいました。

エンジンを切り再始動すると、その後は正常に戻ります。
朝、気温が低いときに発 生します。エンジンが温かいときには普通に変速します。
不具合時、1速、2速レンジ→2速  
       3速、Dレンジ→3速
       Rレンジ→リバース    
       Nレンジ→ニュートラルですが、クリープ現象がおきてます。
この車両番号はオートマチックトランスミッションのサービスキャンペーン対象ですが、デフカップからのオイル漏れが無いため一般診断になるみたいです。

以上の症状ですが、疑わしい箇所の見当がつきますでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ホンダ
専門家:  sl230 返答済み 5 年 前.

はじめまして ご投稿ありがとうございます

 

 Dランプ点滅は運転者へ異常をしらせています

シフトの固定はフェイルセーフモードに入っています 

ATのコンピュータが異常を感知しますと コンピュータが誤変速をおこさないように

必要最低限の変速制御しかしないように 安全モードになって 

細かく変速しないようになります

 ホンダさん等でコンピュータに何の信号でこのモードに入ったのか整備用にわかる様に

なっていますので 工場でご相談されてください

 サービスキャンペーン等 気にされているのでしたらディラーへ行かれればよいかと思います

 

 

sl230をはじめその他名のホンダカテゴリの専門家が質問受付中

ホンダ についての関連する質問