JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sl230に今すぐ質問する
sl230
sl230, Mechanical Engineer
カテゴリ: ホンダ
満足したユーザー: 96
経験:  Mechanical Engineer
60422889
ここに ホンダ に関する質問を入力してください。
sl230がオンラインで質問受付中

Km

解決済みの質問:

昨年の10月にホンダフィトの中古車を購入しました。8200Kmでした。
一ヶ月後くらいから、傾斜地で信号停止するとギアがDに入っているにも関わらず、スタートしようとしてブレーキを放すと、少し後ろに下がりはじめました。
その時のエンジン回転数は、500でした。ですから、慌て てアクセルを踏んで発進しなければならなくなっていました。
11月から2月にかかての冬場の暖気の時は、停止状態で回転数が1200~1500に上がり、10分後には、500まで下がっていました。
今年の7月始めは、少し暑かったので、2,3日、1時間ぐらい冷房を入れました。
それ以後は、ほとんど冷房を使っていません。
私の運転の癖は、のぼり坂の時は、Sに入れます。
7月25日、地下から上る時、不注意により、ブレーキが足に引っかかり、ギアSのまま、上って今いました。少し、エンジン音が高くなったような気がして、それ以後、エンジンは、スタート時、1200ぐらい、停止時800で止まって、500まで、下がりません。
エンジンは、コンピュータ制御のため、スタンドやオートバックスでもみてもらえません。
名古屋でみてもらうところを探していますが、行くところがわかりません。
詳細な御説明と修理先、金額等を御指導下さい。
当方、老人のため、命がかかっております。
ご指導のほど、よろしくお願いいたします。
TELでもっけっこうですので、よろしくお願いいたします。
TEL090-3424-3761
沼田忠晃(ぬまたただてる)
7月29日、10時15分
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ホンダ
専門家:  sl230 返答済み 6 年 前.

はじめまして ご投稿ありがとうございます

 いたずら防止のため 個人情報は記入されない方がよろしいと思います

愛知県のどちらでしょうか?

ホンダの販売店検索の リンクをはりつけます クリックしていただくと ご自身で調べれます

http://shopsearch.honda.co.jp/auto/city/div_aichi/

 

 ホンダに限らず排気量の少ない車両 (おおむね1600CC)以下)や最近の車両は坂道で車両はさがってしまう傾向です 大きくは燃費の向上のためと ミッション(AT)の構造が進化したためです ATだから下がらないという車両はありません しかし それでは困るということで 他車になりますがATとは別に 坂道の下がり防止機構のついた車両を販売しています(フィットはありません)  

 エンジン回転の不安は販売店でしっかりみてもらうとして 

坂道でさがるというのは アイドリング時に無駄な消費エネルギーをなくすための現在の最前線の技術でして 恩恵として 排気ガスの低減 CO2削減 燃費向上と社会には役立っている技術です 

 いままでと違うのでフィットなどがで始めたころ お客様より 同じ相談がよくありました

同じくして 一度エンジンとミッションを調べ テストをしてお客様にご説明しました

つかい勝手がかわるので お不便だとおもいますが 一度 ホンダのデイーラで念のためしっかり診てもらい お客様の車両で説明を受けられればよいと思います

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

いろいろ情報を書きましたが、お聞きしたいのは、回転数が1200回転から、以前は、500回転まで下がっていたのに、800回転までしか下がらない状態なので、そのままで放置しておいても良いものかどうか、ということですので、それに対する回答を御願い致します。

専門家:  sl230 返答済み 6 年 前.

返信ありがとうございます

まず 500回転が正しいのか800回転が正しいのかは 現車をみての判断が正しいのですが 私の経験談でお話させていただきます

FITのミッションはCVTというタイプなのですが わかりやすく言いますとスクーターの様なものです スクーターと同じでアイドリングや走りはじめは動力があまり伝わりません

これはスタートクラッチと言いまして ユーザーがアクセルを開く(エンジン回転があがる)事でミッション側で勝手にクラッチをつなげます 

 このスタートクラッチが走行距離が少ない車両などは安定していないので おっしゃるとうり初めのころは 早くつながっていたのに 乗り始めて(いわゆる初期なじみ) スタートクラッチがなじみ 800回転位でつながるようになったのではと思います

 ただ 回転数が正しいかどうかは 車両を点検確認してから ホンダの販売店にある専門のプログラムとコンピュータをつなげて 私達は判断します 

 この車両に限らず 最近の車両はなんでもコンピュータ制御でして 又 自己学習機能というものがあり その車両の状況に合わせて細かな覚えこみを使用状況より勉強してゆきます 今回 私が 担当者でしたら 車両を確認してから コンピュータを読み取りそれから次の対応をかんがえます 

 

このCVTの勉強が原因とはいえませんが 経験談としてあります

又 この状態ならば車両は使用できます 機械としての作動の幅です

しかし そうなのかどうかは現車を見てからの判断です

 

今回の事象はホンダ以外のところでは まず対応できないと思います 一言でここが悪いとかでは説明できない事柄です

 

 私がお客様の立場でしたら 500回転がベストなのか800回転がベストなのかは しっかり車両をディラーのサービスで点検してもらい納得させてもらいます。

それは 機械を扱う者として お客様の様に不安のまま使用はできない気持があるからです。 私個人の整備士人生もそれがはじまりで  結局整備士の職業にまでついてしまいました。 

 

 なにもなければ それでよかったというのが点検なので 現車を一度診断してもらう事をおすすめします

 

 

sl230をはじめその他名のホンダカテゴリの専門家が質問受付中

ホンダ についての関連する質問