JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 住宅ローン
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。
66125890
ここに 住宅ローン に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

夫33歳 妻31歳 子供なし(2人予定) 明日マンションの契約をしようと思いますが、以下の内容で無理なく返せるでしょうか? 夫年収

解決済みの質問:

夫33歳 妻31歳 子供なし(2人予定)

明日マンションの契約をしようと思いますが、以下の内容で無理なく返せるでしょうか?
夫年収 530万 700万程度まで昇給予定。
妻は正社員を退職したばかりで、また正社員を目指す予定。
物件価格 3408万
借入予定金額 3400万
35年ローン

また、頭金を入れるのと、繰り上げ返済をしていくのは、どう違うのかを知りたいと思います。


です
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 住宅ローン
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。元銀行員のファイナンシャルプランナーです。

 

一般的に金融機関の住宅ローン審査において、借入金額上限の計算として年収の5倍~7倍をみます。

ご相談者様の場合には現在530万円で、将来的に700万円までの年収が見込める、との事ですので、住宅ローンを利用される一般的なケースと言えるでしょう。そして年齢がお若いため35年という長期でローンを組めることから、それほど無理なく返済ができるのではないか、と考えます。

奥様が正社員としてお勤めの予定であれば、ご夫婦で生計を立てられるうえで、なおのこと無理のない生活が送れるでしょう。

 

頭金と繰り上げ返済の違いですが、どちらも借入金額を減らす、という意味では同じなのですが、利息(金利)支払いでは違いが出てきます。

【頭金】

当初の借入金額が少なくなる。そのため当初より利息(金利)支払いの負担が少なく返済がスタートします。

例えば3400万円の借入と、3000万円の借入であれば、3000万円の借入の方が利息(金利)負担が少なくなるのは言うまでもありません。

 

【繰り上げ返済】

返済途中で借入元本を一部返済することで、将来の利息(金利)負担を減らすことができます。しかし当初の借入金額は3400万円ですので、当初からの利息(金利)負担は3400万円に対しての利息を払い始めることになります。繰り上げ返済したからといって既に支払った利息は返ってきません。

 

 

ですので、利息の負担を少なくするには、繰り上げ返済を考えるよりも、頭金を入れて借入金額を少なくして返済をスタートさせた方がいい、ということになります。

sr_hossyをはじめその他名の住宅ローンカテゴリの専門家が質問受付中

住宅ローン についての関連する質問