JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 住宅ローン
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。
66125890
ここに 住宅ローン に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

住宅ローンの切り替えについてです。いろいろ書類が必要と思いますが、状況をお伝えしますと、 1:2011年1月―

質問者の質問

住宅ローンの切り替えについてです。いろいろ書類が必要と思いますが、状況をお伝えしますと、

1:2011年1月―12月にかけて、3か所より給与をもらっており、確定申告をまだしてません。
2:2012年度の住民税は確定しております。
3:住宅関係の書類(残債表、パンフレット、重要事項説明など)は手元にあります。

上記の状況での切り替えの進め方(まず、これをやったほうがいい/ex確定申告)など教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 住宅ローン
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。元銀行員のファイナンシャルプランナーです。

住宅ローンのお切り替えをお考えとの事ですが、お切り替えとは

他の金融機関での借り換え、固定金利⇔変動金利の切り替え、などがございますが、ご相談者様が検討されている切り替えとはどのような内容でしょうか?

また、3か所からの給与所得がおありとのことですが、各社で源泉徴収は既になされておりますでしょうか?確定申告をする必要性がおありなのでしょうか?

お手数をおかけして恐れ入りますが、ご返信いただけたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

フラット35(適用金利2.987%、35年固定)で現在3年目で、


変動金利制への切り替えを考えています。


 


3個所の事業者からの所得があり、それぞれの事業で源泉徴収されています。


 


銀行に提出するとき、3つの源泉徴収票をもっていけば、


あえて確定申告する必要はないのでしょうか?


 


ちなみに3つまとめての確定申告はしていないので、税金の戻りはありません。


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

フラット35から変動金利型住宅ローンへの切り替えという事は、住宅ローンの借り換えですね。

であれば、通常の金融機関の住宅ローンの申し込みと同じですので、3枚の源泉徴収票で申し込みは大丈夫です。個人事業主ではなく、通常の労働者ですので住宅ローンの申し込みに確定申告は必要ありません。

住宅ローン申込に必要な書類は金融機関によって多少の違いはありますが、一般的に必要とされる書類を以下に列挙させていただきます。

1.源泉徴収票

2.給与明細(直近3カ月分)

3.免許証などの身分証明書

4.現在利用中(フラット35)の残債表

5.返済に使用している金融機関の通帳(過去1年分)

6.借り換え対象物件の建築確認書

7.実印

最近の金融機関の住宅ローン申し込みはまず事前相談という形がほとんどですので、これらの書類で事前相談は可能です。(念のため、金融機関に行かれる前に電話等で必要書類はご確認ください)

事前相談でOKになり本申し込みの段階になったら、権利証や印鑑証明などが必要になります。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

専門家としてご相談に全て回答をさせていただきましたが、回答に説明不足やご不明な点がございましたでしょうか?

回答に不備がございましたら何なりとご返信いただけたらと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
記載いただきました書類の中で、課税証明書は必要ないのでしょうか?
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

本申し込みの際には必要になります。先の回答でも申し上げましたが、住宅ローン申し込みに必要な書類は金融機関によって若干異なります。全金融機関統一ではありませんので。

事前相談の時点で課税証明書が必要になるケースはほとんどないものと思われます。

余談ですが、金融機関がなぜすぐに本申し込みではなく、事前相談を行うかというと本申込みで全ての書類をお客様からもらっても、審査が通らないという事態もあり得るため、先に事前相談で仮審査を行い、事前審査が通ったお客様には本申し込みで必要な全ての書類を準備していただく方が、お互いに無駄にならないからです。

住宅ローン についての関連する質問