JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, このカテゴリーの患者を診察しています。
カテゴリ: HIV・エイズ
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに HIV・エイズ に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

また、家族や知人に感染している人がいる場合、どの様な対処が必要なのでしょうか?

解決済みの質問:

また、家族や知人に感染している人がいる場合、どの様な対処が必要なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: HIV・エイズ
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
私たち医療関係者が最も嫌う針刺し事故。
患者さんに注射した後の針などで誤って自分の指を 刺してしまうことですね。
そんな時直ぐに水洗いをすればかなり感染を防げるとされ、またHIV患者であることがはっきりしている場合はHIVのお薬を予防薬として服用しなければなりません。
その外科医ですが、どうやって感染したかがわからないのであれば個人的に性交相手からだったかもしれませんしその辺ははっきりしませんね。
皮膚から手袋していて感染したとは思えませんし、手術中はゴーグルをつけますから目も保護されておるはずなんですけどね。

感染した血液が直接本人の粘膜に触れない限りは感染はあり得ないと思います。
同じ屋根に暮らしている方がHIVに感染しているならまず、性交渉を持たないことか、コンドームを使用する。そしてお風呂やプールは問題ないとされていますね。
傷口がある場合は念のため治ってふさぐまで包帯などを巻いて感染者の粘液や血液に直接触れることのないようにしておけばいいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
誰から聞いたのかは解りませんが、20年前ぐらいで未だHIVが日本では余り知られていない頃の話です。外科医の人は性交渉から感染した可能性はほぼゼロというより、全くないそうです。

その頃は手術中にゴーグルもなく、手術中も手袋をはめなかった時があったようです。
何せエイズが初めて日本で発見されるかされなかったかに聞いた話なので、実際は沢山いたのでしょうね。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なるほど。
そういうことなんですね。
昔の規制のない頃のお話ならあり得るかもしれませんね。
手袋やゴーグルは今や必需品ですから。
docmmartをはじめその他名のHIV・エイズカテゴリの専門家が質問受付中

HIV・エイズ についての関連する質問