JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, このカテゴリーの患者を診察しています。
カテゴリ: HIV・エイズ
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに HIV・エイズ に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

両親ともエイズの場合、その子ども全てがエイズで産まれる訳では無いというのは以前、15年以上前にアフリカの問題の時に見

解決済みの質問:

両親ともエイズの場合、その子ども全てがエイズで産まれる訳では無いというのは以前、15年以上前にアフリカの問題の時に見た事があるのですが、どれぐらいの割合で子どもに影響が及ぶのでしょうか?

又、両親のどちらかがエイズの場合の答え?もお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: HIV・エイズ
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
子供の感染に関しては母 親が感染している時のみ感染するかどうかが問題になりますが。
父親が感染しても母親が感染していなければ問題にはなりません。
今は母親が感染している場合、妊娠中にHIVのお薬を予防の為に服用しますとかなりの割合で感染しません。

エイズが陰性とか陽性とかいう言い方はしませんよ。
HIVが陰性か陽性かですよね。
感染直後はHIV検査は陰性です。
感染していれば
その後チェックして陽性となりますよ。
ですから必ず定期的に検査をします。
エイズは残念ながら未だに不治の病ですよ。
完全に完治するケースはないです。
HIVのウィルスをお薬を使って検出できないくらいに抑えることは可能ですが、お薬は飲み続けないといけませんね。

質問者: 返答済み 5 年 前.
今はかなり進んだのですね。
母親が感染している場合、妊娠中にHIVのお薬を予防の為に服用するとかなりの割合で感染しないとありますが、知らなかった場合はアウトと言う事でしょうか? 胎児を守る為にフィルターがあり、なる確率は半分ぐらい?だと聞いた事が15年程前にあるのですが、時が経ち、医学も進んだのだから、もし解っていたのならばそれを利用して妊娠中に母体も治すという事は出来ないのでしょうか? 未だだとすればもう少し先になればそうなるかもしれないですね。
何故ならフィルターが自然についているのならば、何らかの形でそれをも利用したらと思ったからです。
又、妊娠中は体内組織が変わる時なので、治療にはもってこいの様な気もします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なんのフィルターなのかちょっとわからないのですが、教えていただけますか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
母体から栄養を送る際に通る臍帯か胎盤か何かだったと思います。
母体から胎児へはそこを絶対に通る所だからです。

そこでは、悪いウィルスはかなりの確率で排除されるそうです。
(すみません、はっきりしなくて)
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なるほど。http://www.std-lab.jp/stddatabase/db003_popup3.phpこのサイトにお知りになりたいことがあるかもしれません。URLをコピーされて検索願います。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
確かに自然はうまくできていますよね。
悪いウィルスを防いでくれる免疫力。
きっとそのフィルターも免疫系の物なのでしょうね。
私にもうまくは説明できませんが。
質問者: 返答済み 5 年 前.
"完全に完治するケースはない"とありましたが、
"HIVのウィルスをお薬を使って検出できないくらいに抑えることは可能ですが、お薬は飲み続けないといけませんね。"とありました。

以上の事から想定して、完全なる完治は未だに無理だとして も、お薬を使うとウィルスを検出出来ないぐらいに押さえる事が出来るとすると、言葉は悪いですが、福島の原発による放射性物質が出るかに似ている様な気がします。
今時、世界中の何処にいても放射性物質で汚染されている物を口にしているはずで、福島より数値が高い所など真実を発表したら数え上げたら切りがないのですが。

もし、お薬で検出出来ないぐらいにずっと飲み続けると、HIVにならなければ100歳迄生きれる人ならば生きる事が出来るのでしょうか?
そうだとするのならば、糖尿病等の病気、若しくはそれよりも薬さえ飲み続けていれば一病息災なのでしょうか?
又、そうだとすると10年以内にも完治する若しくはそれに準ずる様な病気となりますよね。
何故なら、このままHIVの感染が拡大すればセックスだけでなく誰にでも知らずに侵されている病になってしまうからです。(病院内では既にそのはずだと思います)

そうだとすれば、エイズを発症している人、HIVが陽性な人、又今は陰性だけど数日後には陽性に変わる人との生活は必至だと思います。

お風呂や温泉、プールは大丈夫とありましたが、怪我をしていてもOKなのでしょうか?
(勿論同じカミソリは使っては駄目ですけど)
同じお皿の物を一緒に食べても大丈夫でしょうか?
要するにディープキスみたいな物ですね。多分口内に怪我をしていたら危ないのでしょうね。
パーセンテージにすれば1パーセント前後ぐらいになるのでしょうか?

もし、子どもが陽性、若しくは親が陽性の場合、母乳は大丈夫なのでしょうか?
おむつかえは大丈夫でしょうか?
又、離乳食等をあげたりしている時、子どもが出した物、親が口にした物を摂取しても大丈夫なのでしょうか?
同じスプーンで食べても大丈夫なのでしょうか?

もし駄目ならば、家庭内の関係や親子関係は大変な事になってしまうでしょうね。
また、もし大丈夫だとしてもその様な理由で感染したとしてもその人の寿命を全う出来る一病息災な病気に早くなったら良いですね。
その様な希望がある様に思いますが、早くそうなれば良いですね。

宇宙では全ての病気が治ると聞いた事がありますが、早くそうなれば良いですね。
(脳の圧迫が無くなる為)
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
すみません。

たくさん追加の質問がありすぎて。。。
最初のご質問だけのルールなのでよろしくお願いいたします。
追加の時は別の投稿をして下さいね。
今回はお答えいたしますが。

糖尿病もエイズもいったんかかったら治りません。
HIVのお薬は確かに発達していますが毎日いつ爆発するかわからないような爆弾を抱えているようなものであるということです。
そのお薬がていこうをしめして効かなくなるかのうせいだってありますよ。
糖尿病は全身の病気で合併症が大変複雑な病気ですね。
ちゃんと血糖の管理をしないとアウトです。

お風呂や温泉は傷があっても大丈夫です。
ディープキスでも傷があっても同じこと。
唾液にはウィルスがほとんどないからです。
可能性は0%ですよ。

母乳はダメです。
絶対ダメ。
大送りしたサイトをぜひご覧下さい。

いかがでしょうか。


docmmartをはじめその他名のHIV・エイズカテゴリの専門家が質問受付中

HIV・エイズ についての関連する質問