JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rushqkに今すぐ質問する
rushqk
rushqk, ハードウェアエンジニア
カテゴリ: ハードウェア
満足したユーザー: 766
経験:  AV機器開発、ソフトウェア設計
60440014
ここに ハードウェア に関する質問を入力してください。
rushqkがオンラインで質問受付中

LaVie Gを6~7年前より使っている者です。現在、ドライブCが46.5G中2.46Gしか空いておらず、ドライブの

解決済みの質問:

LaVie Gを6~7年前より使っている者です。現在、ドライブCが46.5G中2.46Gしか空いておらず、ドライブの表示が赤くなっていて、そのためか動作が非常に遅く、時々不都合な作動をして困っております。今までもなるべくドライブCを空けるべく、ローカルディスクであるドライブD に移したり、最近では外付けHDDにほとんどのファイルを移したりしておりましたが、ドライブCから移してもよいファイルやフォルダーと、してはいけないものとの区別が分からなくて困っております。そこで質問です。
1)ドライブCとDとに分かれている意味とその使い分けをお教えください。CにあるファイルやフォルダーをそのままDに移しても、なんの不具合も出ないものなのでしょうか。
2)ドライブCにあるフォルダーやファイルの中で、外付けHDDに移しても構わないものと、いけないものとの基準もお教えください。
3)使っていないプログラムやファイルもどんどん消していこうと思いますが、その際にこれだけはいじっては行けないファイルやフォルダーの基準をお教えください。
4)メールだけでは教えるのが難しいと云うのであれば、PCを持参してその場でこうしたことを指導してくれる場所があるのであればお教えください。
LaVie ユーザー 小野耕三(72歳)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ハードウェア
専門家:  rushqk 返答済み 4 年 前.
質問ありがとうございます。

回答させていただきます。

①Windowsシステムが利用しているファイルを移動してしまうと起動できなくなります。
CとDに分かれているのは、システムデータとユーザデータを分ける為です。Cだけでも
問題はないのですが、一般的にCとそれ以降、D、E、F・・・と仕分けのためにわけたり
します。一般的には物理ドライブが変わるとドライ ブネームも変わります。
設定次第ではCドライブに500Gぐらい割り当てて全部その中に入れて利用することもできます。

②簡単に言うとシステムファイル(Windowsの起動に必要なもの)とアプリケーション
実行プログラムは移動してしまうと、①の問題があったりアプリケーションが起動できなく
なったりします。移動しても良いデータはユーザー作成したデータのみです。
簡単に言うとドキュメントフォルダの中にあるものだけです。
Cドライブの中に以下のフォルダがあると思います。
Windows・・・Windowsシステム関連のデータがあります。移動禁止
Program Files・・・アプリケーションが入っています。移動禁止
Documents and Settings・・・ユーザーデータが入っています 。このフォルダ自体は移動するとややこしくなりますが、中身は移動してもOKです。

③ユーザーデータは消しても問題ありませんが、システムファイルは避けてください。
アプリケーションはアプリケーションの追加と削除で削除する必要があります。

④こちらのサイトでは、直接伺うといったことは禁止されておりますので、できる範囲で
回答させていただきます。わからない個所は、その都度質問ください。

後程、削除する点をまとめて記述させてもらいます。
専門家:  rushqk 返答済み 4 年 前.

データを移す前に不要なファイルを消す作業を行ってみてください。

スタートメニューから

 ⇒すべてのプログラム

  ⇒アクセサリ

   ⇒システムツール

    ⇒ディスク クリーンアップ

というツールを起動すると、ドライブ選択画面が出ますのでCを選び続けると、削除するファイルの一覧が表示されます。

その中から、次の項目にチェックを入れてください。

(最初からチェックがついている項目もあります。項目が見つからなければ飛ばしてください)

・インターネット一時ファイル

・ゴミ箱

・システムエラーのメモリ ダンプファイル

・Debug Dump Files

・一時ファイル

確認できたらクリーンアップを開始してください。これだけで結構な容量が空くのではないでしょうか。

 

終わったら、再度同じ画面を開き、詳細オプションタブにあるシステムの復元とシャドウコピーと

言う項目でクリーンアップを実行すると、古い自動バックアップファイルが削除されます。

 

まずはここまでおためしになって、空き容量がどの程度あるか確認してみてください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。前の回答に「システムファイルは消さないこと」とありましたが、システムファイルであるかどうかの見分け方も教えてください。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

マイナス評価というつもりはなくほほぼ満足のいく回答をいただいたと思っておりますが、より詳しく聞きたい事柄があったのでこのボタンを押しました。


自分のファイルで不要なものは削除する、アプリケーションはコントロールパネルから入ってアプリケーションの削除で行うが、これ以外で削除できるものはありませんか。あるならそれがシステムファイル等の削除しては行けないものであるかどうの見分け方をお教えください。


 

専門家:  rushqk 返答済み 4 年 前.

ファイル単位で判断するのはそれなりに経験とシステムの知識がないと難しいと思いますので、

Cドライブ直下のWindowsフォルダとProgram Filesの中身は触らない方が無難です。

 

それ以外でも、作業用としてアプリケーションが自動で作成するデータがあるので、ご利用になっている

ソフトに関連する名称のフォルダの中身はむやみに削除はしない方がよいです。

 

拡張子がEXEやDLLと言った物は実行ファイルですので、下手に削除するとアプリケーションが

使えなくなります。拡張子はフォルダの詳細設定で表示する/しないが設定できますので、表示

して確認してみてください。

 

tempフォルダや、~~.tmpといったものは削除しても問題ない事が多いですが、これもむやみに

消すとアプリケーションの挙動がおかしくなる場合があります。

 

他にはサービスパックの作業ファイルも削除しても良いと思います。以下の手順を試してみてください。

スタートボタン⇒検索の開始⇒cmdと入力。一覧にコマンドプロンプトがあると思いますので

右クリックして管理者として実行を選らんで黒い画面を出してください。そこで"COMPCLN.exe"と入力してEnterを押すとクリーンツールが起動します。

 

システムクリーンツールとしてCCleanerというのもあります。以下からダウンロードしてください。

http://www.piriform.com/ccleaner/download/standard

こちらをインストールして、クリーナーを選択し、解析⇒クリーンアップ実行とすれば自動で不要

ファイルを検索して削除してくれます。

右側の一覧のチェックを入れる事でいろんなデータを消す事ができるのですが、全部やってしまうと

元通りの動作ができなくなる恐れがありますので無闇にチェックは入れない方がよいです。

それなりに強力なツールですのでご利用は自己責任でお願いします。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

色々お教えいただき感謝。しつこいようで恐縮ですが、私はフリーソフトのGlaryというものを使っていますが、これとCCleanerとは同じ機能のものでしょうか。

専門家:  rushqk 返答済み 4 年 前.

Glary Utilities とCCleanerは少々機能は異なりますが似たようなツールです。

既にご利用になっているのであれば、そちらでもかまいません。

rushqkをはじめその他名のハードウェアカテゴリの専門家が質問受付中

ハードウェア についての関連する質問