JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: ゼネラルモータース
満足したユーザー: 583
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに ゼネラルモータース に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

こんにちは、はじめまして。早速ですがご質問させて頂きます。当方94年式コルベットに乗っております。平成6年に新車で購

解決済みの質問:

こんにちは、はじめまして。早速ですがご質問させて頂きます。当方94年式コルベットに乗っております。平成6年に新車で購入後、18年乗り続け現在約11万キロ走行していま す。先日丁度車検だったのですが、直前にアイドリング不調になりまして車検時にプラグとプラグコードを新品に交換致しました。しかし症状は改善されず、今までほとんど電装系も交換したこともなかったので、これを機に不調原因の可能性があるパーツはすべて一新しようかと考えております。症状としましては、エンジンが冷えている間は問題ないのですが、温まってしまうとアイドリング時に息つきが始まります。特にドライブに入れての信号待ち等で回転が下がっている時は症状が激しくなります。このような場合にはどのパーツを交換すれば解消されるでしょうか?また今後の事を考えれば、今のうち交換した方がいいよ、といった電装関係の部品もお教え頂ければ助かります。
シリアルNoですが、1G1YY22P4R(以下車体番号)になります。それではどうぞよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ゼネラルモータース
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

 

 

大変お困りのこととお察しいたします。少しでもお役に立てればと思い投稿させていただきました。

 


エンジンの吹き上がりに問題がなく、アイドリング時にのみ不調があるようでしたら、点火系ではなく、エアフロセンサー(エアフロメーター)の不良が考えられます。

予防整備として交換したほうがよい部品は燃料ポンプ、クランクポジションセンサーです。どちらも不調になればエンジン始動不能に陥ります。

 


どうぞ参考なさってください。よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

9circle様。


 


早速のアドバイスをありがとうございました。


当方北海道の片田舎在住でして、地元の修理工場ではなかなかメンテも行き届かないのが現状です。


それでも18年間大きなトラブルにも会わずずっと乗ってこれましたが、


そろそろ多少お金がかかっても手入れしてあげなきゃないけないのかな?と思うくらい最近は細かいトラブルが出てきています。


 


当然エアフロ自体1度も交換したことがなく、友人からは「可能性がある」とは指摘されていましたが、


燃料ポンプやクランクポジションセンサーなどは全くのノーマークだったので大変参考になりました。


 


最初の質問欄では言葉足らずで申し訳ございませんでした。


走行中はこれといった異常も感じないのですが、車庫に止めてエンジンを切ると妙にガソリン臭いのですが、これもエアフロに関係あるのでしょうか?


 


また低速で走っている時は水温もかなり高い状態(110℃を超える事もしばしば、夏場は120℃とかもあります)なのですが、これも何か関係あるのでしょうか?


もういい加減ヤバイと思った時は夏場でもヒーター全開とかでごまかしていますが、水温はデジタルで表示されるのでホント心臓に悪いです(^^;


水温を下げる対策があればお教え頂ければ助かります。


ちなみに低温サーモに交換済み、ラジエターキャップも新品です。


 


すみませんがよろしくお願い致します。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

お返事ありがとうございます。

順番にお答えしていこうと思います。

○ガソリン臭について

エアフロとの関連は薄そうです。
燃料ホースの劣化や、各接続部、燃料タンク周辺も含めて点検が必要かと思います。
エンジンルームからのガソリン臭は、キャニスターやインジェクターのパッキン不良も考えられます。各部点検をお願いします。

○水温上昇について

LLC(ラジエータ液)の管理状況はいかがですか?
最遅でも2年に一度は全量交換する必要がございます。
希釈する水の硬度も注意が必要です。

LLC管理が悪い、または希釈水の硬度が高い場合などはラジエータの詰まりの懸念がございます。一度詰まったラジエータコアは再生困難ですので交換が必要になります。

その他、電動ファンでしたら能力低下、直接エンジンで駆動しているタイプのファンでしたらファンカップリングという部品の能力低下が疑われます。

ローテンプのサーモスタットはエンジンの温度が過冷却になりますので、水温が適正な状態に修理完了の場合は標準のサーモスタットにすることをお勧めします。



以上でございます。何かご不明な点がございましたら遠慮なくお知らせください。


9circleをはじめその他名のゼネラルモータースカテゴリの専門家が質問受付中