JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 魚 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

2

質問者の質問

海水魚が全滅しそうです
もう2匹死んでしまいました
原因不明です
変わったことといえば水槽を変えました
あと イソギンチャクを入れたこと
飾り物の藻や珊瑚をいれたこと
最素に気付いたのは カクレミノのポップアイです
でも そのカクレミノはまだなんとかもっていますが
他の魚が死んでしまいました
どう対処してよいかわかりません
宜しくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

ろ過効率を高めるために、もう1つ濾過機を稼働させたり、活性炭などの吸着剤を増量したりすることくらいしか思いつきません。おそらく新水槽や飾り物などになんらかの有害なものが付着していたのかと思います。いったん、それらを撤去し、しばらく、海水に浸漬してから使用 すれば問題ないかもしれません。また、そのような化学物質ではなく、イソギンチャクがなにか感染性の微生物を持ち込んだか、藻などからでる有毒物質を持ち込んだか、なども考えられます。溶存酸素量も気になるところです。当然ですが、死魚はすぐに取り除きましょう。とりあえず、原因の分からない今は対症療法しかないと思います。魚種により、感受性が異なると思いますので、生き残ってくれるものもいるかもしれません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます

イソギンチャクを入れてから ゴミ?汚いものがたくさん浮くようになりました 排泄物でしょうか・・・

それとイソギンチャクを入れたため温度を約29度から約27度に落としました

今、死にそうなカクレミノはヒレ等がボロボロ状態です。

 

名前がわからないのですが真っ黒に白の斑点模様のある魚の尻尾が白くなっています。

もう1匹シマシマの魚はヒレ等に1つずつ程度の白い点がついてます。

 

あとナンヨウハギになんとかハゼにヒレがスクリューするまだらの魚に2種類の貝が2匹ずついます。

 

先に死んだ2匹はなにも気付きませんでした。

 

それから藻は飾り物です。

 

対処方法ありますか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

イソギンチャクに「生きている藻」が付着していたかもしれないということです。その藻は植物プランクトンなので、肉眼では確認できないでしょう。赤潮などの原因になるものです。

温度変化も急激なら、それがストレスになり、免疫力が落ちて、いろいろな要因が複合的に関与していると思われます。

対症療法しかないと思いますが、薬浴などの化学療法はそれも魚体に負担をかけますので、メリット、デメリットを考えると、先述したような対症療法くらいが適切なものと思われます。

対症療法により時間の経過で要因が少なくなっていけば、回復してくれる個体もいるかもしれません。

魚 についての関連する質問