JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 金融商品取引
満足したユーザー: 812
経験:  dasdasd
84237273
ここに 金融商品取引 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。金銭貸借の契約を個人で行った件です。 業務委託契約において、加盟金と称し300万円の支払いとの

解決済みの質問:

よろしくお願いいたします。金銭貸借の契約を個人で行った件です。
業務委託契約において、加盟金と称し300万円の支払いとのことで、そこの社長より個人での金銭消費貸借の契約をいたしました。条項において「甲は乙に対し、本日金300万円を貸しわたし、乙わこれを借り受けて受け取った。」となっておりますが、実際は受け取ってません。貸主が業務委託における加盟金としてたてかえたとのこと。現在150万は返済したが、どうも納得いかず一旦契約を白紙にしたいと考えているのですが、可能でしょうか?ちなみにこの会社、金融の免許はなくFX等の運用案件のお客様を募集をし、営業活動の業務委託の契約とのことです。一切金銭は会社があづかることはなく、直接FXのお客様の口座を開設しそこに入金するというしくみ。出た利益を分配という手法。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 金融商品取引
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
まず,契約を白紙に戻す合意ができるかどうか,というところからの検討になると思いますが,
当事者間で,この(形式上は金銭消費貸借の)契約をなしにする,合意解約するとの合意ができれば,それで清算することはできます。
問題は,相手が白紙に戻すことに反対した場合,こちらが法的に白紙にするような請求ができるか,ということだと思います。
実際にはお金を受けとっていないのに受けとったことにしているのは,お互いに虚偽であることを知りながらやっているので,そのような契約は虚偽表示として無効とすることが考えられます。
ただ,白紙にして終わり,ということではないように思います。
支払っている150万円はそのままでいいのでしょうか。
すると,何のために150万円を返済したのか,あるいは150万円は戻してもらうことになるのか,
ということになってきますが,
150万円を返してもらう必要もない,ということであれば,
これから結果的にどういう契約にしたいのか,その点を話し合って,
新たな合意をし直せばいいのではないかと思います。
bhsy202をはじめその他名の金融商品取引カテゴリの専門家が質問受付中

金融商品取引 についての関連する質問