JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshiに今すぐ質問する
shihoushoshi
shihoushoshi, 司法書士
カテゴリ: 金融商品取引
満足したユーザー: 0
経験:  東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
64921916
ここに 金融商品取引 に関する質問を入力してください。
shihoushoshiがオンラインで質問受付中

大量保有報告書に関しての質問です。当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況

質問者の質問

大量保有報告書に関しての質問です。 当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況 新株予約権証券      30000  市場外   取得   単価 2000 新株予約権付社債権    15000  市場外   取得   単価 150000 保有潜在株式の数     45000 とあるのですが、新株予約権付社債の150000に関してはその時点での株価に近いものだから理解できます。しかし新株予約権証券については なぜ単価が2000円なのかがよくわかりません。 転換型なので社債を期日以降株式に転換する事については理解できるのですが同じ株式数にかぞえらてているのに予約権証券の単価が2000円と額の開きがあるのが理解できません。 まさか2000円の証券が転換時の金額の株券に変わるわけではないでしょうし意味がわからないのでご教授ねがいたいのですが、よろしくお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 金融商品取引

金融商品取引 についての関連する質問