JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshiに今すぐ質問する
shihoushoshi
shihoushoshi, 司法書士
カテゴリ: 金融商品取引
満足したユーザー: 0
経験:  東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
64921916
ここに 金融商品取引 に関する質問を入力してください。
shihoushoshiがオンラインで質問受付中

保険業法第300条により、保険会社等(少額短期保険業者、外国保険事業者などを含む)、その役員、保険募集人、保険仲立人(役員、使用人を含む)は、以下の行為をすることが禁止されています

質問者の質問

保険業法第300条により、保険会社等(少額短期保険業者、外国保険事業者などを含む)、その役員、保険募集人、保険仲立人(役員、使用人を含む)は、以下の行為をすることが禁止されています。

保険契約者又は被保険者に対して、虚偽のことを告げ、又は保険契約の契約条項のうち重要な事項を告げない行為

 上記の保険業法第300条の解釈についてお伺いします。

保険契約の契約条項のうち重要な事項を告げない行為は保険契約者又は被保険者何れかに告げないことが禁止されているのでしょうか?保険契約者および被保険者両方に告げないことが禁止されているのでしょうか?
 質問の仕方を変えますと、保険契約者および被保険者の両者にに対して契約条項のうち重要な事項を告げないといけないのでしょうか?保険契約者および被保険者の何れかに契約条項のうち重要な事項を告げればもう一方に告げなくても良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 金融商品取引

金融商品取引 についての関連する質問