JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 金融商品取引
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 金融商品取引 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

未公開のバイオバンク株式を所有していますが、株式会社日光トレーディングという所から、今月中に返済要求をしないと今後は

解決済みの質問:

未公開のバイオバンク株式を所有していますが、株式会社日光トレーディングという所から、今月中に返済要求をしないと今後は要求ができなくなる旨の電話があり、手続きをするためのコンタクトをして来ました。
そのような事が実際にできるのかどうか、そしてバイオバンクへの返済要求がそのような期限内でしか出来ないのかを教えて戴きますか?
又弁護士先生にお願いして返済要求をする場合、費用はどのくらい必要になりますか?所有しているバイオバンク株は私と妻それぞれが百万円で平成総研という会社から購入しました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 金融商品取引
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

バイオバンク株式は,詐欺的な未公開株商法のひとつではないかとの疑いがあり,
民事訴訟で も争われたことがあります(結果がどうなったかについてはフォローしていません)。
今重要なのは,バイオバンク自体よりも,これが詐欺的であって問題になりつつあることに目を付けた
新手の詐欺商法です。
今回の,手続を代行するよという会社の勧誘はまさにそれです。
この手の怪しい勧誘にはぜったいに乗らないで下さい。

バイオバンク自体に対する株式払込金の返還に関しては,返還が期待できるかどうかは別として,
「法テラス」(日本司法支援センター)に相談することにより,おそらく20万円程度の費用で,
弁護士に依頼することが可能だろうと思われます。有名な事案ですので。
質問者: 返答済み 5 年 前.

仮に返還請求する場合ですが、年内という期限が本当にありうるのかどうかは分かりませんか?

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
「いついつまでに請求しなければ,以後できなくなるから」
といって勧誘するのが,未公開株便乗の悪質商法の常套句であることから考えると,
年内という期限は,嘘ではないかなと思われます。

しかし,本当にそのよう な期限があるかどうかは,私は情報を持っていません。
(とはいえ,バイオバンクという会社が今後も株式公開を予定している企業なのであれば,健全な企業だということなのでしょ うから,株式の譲渡は原則として自由だろうと思いますし,譲渡制限付きの株式である場合でも,会社は譲渡先の指定をするか,会社は株式買取請求に応じるはずです。とすれば,株式の第三者への譲渡承認を求める前に,買取請求するということが考えにくいですし,買取請求に対し,「特定期日以後の請求を拒否する」という対応をすることは考えづらいです。つまり,年内,というような制限はないのではないかと思われるということです)。

未公開株は,上場が予定されている会社の株式であるという意味ですが,
現在はまだ証券取引所や店頭での取引ができる株式ではないというだけであり,その株式を取得したということは,
株式発行会社によって把握されている,つまり今誰が株主かということは,会社には分かっています。
それゆえ,発行会社に,株式の買取を請求するための期限があるのかどうかが疑問であれば,その会社に対し,株主としての権利に基づいて質問をすることができます。
ですので,念のため,お訊きになっておくと安心だろうと思います。


* 仮に,本件未公開株が,悪質商法の一種だということが問題になったことから,返還と払い戻しを認めた,という経緯なのでしたら,払い戻し請求の期限はある可能性があります。この場合も,発行会社あるいは販売会社(そもそも,販売会社による詐欺ということも考えられます*ので,注意が必要です)に,問い合わせて下さい。
* 未公開株式の販売は,その株式発行会社以外,原則として許されていません。例外的に,証券会社が取り扱いを許される場合がありますが,それは,グリーンシート銘柄についてのみです。 つまり,本件株式を取得されたのは,発行会社そのも のからではなく,また,本件株式はグリーンシート銘柄ではありませんから,平成総研が,証券会社であろうとなかろうと,違法な未公開株販売ということです。このことからは,販売主体であった,平成総研という会社が,詐欺的企業であるということが推測されます。(日光トレーディングという会社からの勧誘は,明らかに詐欺商法ですので,無視なさって下さい)。
質問者: 返答済み 5 年 前.

バイオバンク社が事実上倒産状態であった場合は期限を設けての返還という事はありますか?

そしてその場合は弁護士の方にお願いする事になりますか?

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
倒産段階になっている場合,債権者としての申し出期間のようなものがあります。
ですが,株主宛てに通知をすることなく,そのような期限を設 けることはないと思います。
会社側は,株主名簿で株主を把握していますから。

さらに,バイオバンク社は,インターネットで株主総会を開催するくらいの企業ですから,
倒産時の債権者・利害関係者への告知のような重要な告知に,インターネットを使わないはずがないと思います。

そうですね。
倒産(破産)手続に入った場合,弁護士に依頼なさる方が安心だろうと思われます。
(ご自身で行うことが不可能というわけではありません。しかしながら,
  相手側から言ってくる,「手助けします」「支援します」などの誘いには,相手が何と名乗ろうとも,
 くれぐれも乗らないでいただきたいと思います。
 ただ,一般論として,倒産,会社整理となった場合,株主は,最も劣後する利害関係者ですので,
 株式払込金の返戻は期待できないのではないか,と思います)
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
私は,弁護士という職業倫理に基づき,プロとしての立場から,
ご質問の事案について,合理的に推察できる事実をお答えして います。

揺るぎない真実であるということはもちろん申し上げかねますが,
本件事案において,「日光某」なるところがあなたにコンタクトしてきた内容は,ほぼ虚偽です。

さらに,本件事案は,消費者被害に少しでも関心のある法曹であれば過去に数回は見聞きしたことのある名前の
未公開株事件です。
行政機関による処分,裁判所による確定判決は未了でありますが,この名称の企業はほぼ架空のものか,あるいは,
企業が架空ではないにせよ上場見込みという触れ込みは全くの偽りか,
あるいはこの名称の未公開株式の株券は,販売業者の偽造によるものと強く推察されます。

それゆえ,過度に期待はできませんが,何処を被告とし,誰から回収するか,という問題を検討する必要があるため,なるべく早く弁護士に直に相談なさることをお勧めします。少しでも投資資金の回収の可能性を上げるためです。
弁護士を訪ねる前に,あるいは併行して,消費者センター,国民生活センターに相談にお出掛けになることも,加えてお勧めします。

現在,倒産状態にあるかどうかということは,株主として会社に尋ねることにより直ちに判明することですので,
「倒産状態だとすれば…」ということを今日お考えになる必要はなく,弁護士,法テラスに相談すれば,依頼を受けた彼らがすぐに調査し,対処しますよ。
それよりも,合計200万円の投資資金と思っていたものが,最悪の場合ゼロになる可能性を受け止められるようにお気持ちの準備をなさる方が現実的であろう,と小職は考える次第です。
bengoshimailmeをはじめその他名の金融商品取引カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

今日,「未公開株・社債等の勧誘にはご注意ください!」という題名の,
日本証券業協会のウェブサイトをみてみましたが,そこには,
相談者への的確なアドバイスとと もに未公開株被害情報の一元化を図る体制を整えるため、2010年4月1日より本協会内に「未公開株通報専用コールセンター」を設置致しました。
フリーダイヤル:0120-344-999
ご利用可能時間:9:00~11:30、12:30~17:00(平日のみ)」
とありました。
「相談者への的確なアドバイス」もあるとのことですので,よろしければお電話で相談なさってみてはと思い,
ご紹介申し上げます。
http://www.jsda.or.jp/sonaeru/inv_alerts/alearts01/mikoukai/index.html

このようなところですと,新しい情報も日々集まるでしょうから,被害の回復のためご参考になればと願っています。

金融商品取引 についての関連する質問