JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: フェラーリ
満足したユーザー: 584
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに フェラーリ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

センターロックタイプの中期型テスタロッサです。ほとんど乗らないのですが、最近ブレーキにエアーが混入したような症状です

質問者の質問

センターロックタイプの中期型テスタロッサです。ほとんど乗らないのですが、最近ブレーキにエアーが混入したような症状です。なお、ブレーキは中古で購入した時点でF50のブレンボに前後交換してありました。また、ブレーキオイルが減った様な状態は確認できません。ブレーキオイルは相当交換していないと思います、ブレーキオイルの交換とエアー抜きで回復するでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: フェラーリ
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
自動車整備士の9circleと申します。

ブレーキのエア噛みのような症状とのこと。

ブレーキフルードレベルの低下が見られないということですので、
ブレーキオイルの交換及びエア抜きで回復する可能性は低いと思います。

お車の状態を直接拝見していないので、推測ではございますが、ブレーキの倍力装置(マスターバック)の不調の可能性、又は、ブレーキのマスターシリンダの機能不全の可能性がございます。

こちら2点は同時交換される例が数多くございます。どちらか片方の不調ですが、同時に交換する部位になりますので、同時交換されるのだと思います。

エア噛みの症状だけでどちらの不調か判別が困難だという理由もあるようです。

よろしくお願いします。