JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4863
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

医療型障害児入所施設に入所している子供(現在1歳)でも、養育費は算定表に則っての算出になるのでしょうか?

質問者の質問

医療型障害児入所施設に入所している子供(現在1歳)でも、養育費は算定表に則っての算出になるのでしょうか?
児童手当は施設に振り込まれ、食事は施設から、衣服やオムツなどの身の回りの品などは家庭から支出しており、その他に施設入所の自己負担金額が毎月1万円ほど発生しています。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、養育費の算定表に関しては、一つの目安と考えていただいて、算定の根拠は、昨年度のご夫妻様の収入とお子様の年齢と人数で決まっているだけで、離婚問題は、民事ですので、双方の合意があれば、何でもありと言えます。ただ、家庭裁判所の判断する場合の目安であり、算定表の範囲も数万円の差があるように、その枠で、一番高くても安くても構いません。当然、病気などの特別の問題があればそれも考慮されて構いません。一般的には、離婚時に、離婚協議書等で、養育費以外に特別の費用として、病気治療費や入院費や入学金や学費は、協議で別途考えることになります。内容証明でご相談者様が望む額等を要求して応じれば、養育費の公正証書を作成されると安全でしょう。内容証明の作成は民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、家庭裁判所の養育費の調停を申立てる良いでしょう。家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼される必要もございません。調停委員が、公正公平に判断してくれます。頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問