JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

58歳の男です。この度、離婚することになりました。婚姻期間は、約7年間です。そして、定年まで残り2年余りです。離婚に伴っ

解決済みの質問:

58歳の男です。この度、離婚することになりました。婚姻期間は、約7年間です。そして、定年まで残り2年余りです。離婚に伴って退職金を勤務年数で分割してその7年分を相手に支払わなければいけないかどうかを先日質問させていただいたところ、回答いただきありがとうございました。それとは別に、将来、定年退職を迎え、退職金が支給される時に、離婚した元妻に勤務年数で分割した退職金の7年間分を請求された場合、その時に支払う必要があるのかどうかを教えてください。
投稿: 8 ヶ月 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 8 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、離婚時の財産分与に退職金も含まれますが、財産分与の仕方は、民事んおで、自由です。基本的には、離婚協議書を作成(できれば公正証書で)して、その中で、退職金のことをどう決めようが自由で、退職金を、仮に現在、自己都合の退職をした場合いくらもらえるか計算して、その分を婚姻期間中折半するでも良いですし、実際に退職金が出た時に期間計算して渡すのも出来ます。自己都合の退職の方が、額は低くなると思います。もちろん、退職金は支払わないと言うことも決められます。離婚時に、何も決めない場合は、財産分与の時効は2年なので、2年後だと何も請求は出来ません。離婚時の決め方次第と言えます。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問