JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 962
経験:  dasdasd
84237273
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

私自身、母親からの虐待歴があり、離婚時やその後の元夫の再婚時の嫌がらせ裁判時も母親は事実関係も確認せずに一方的に私が悪い

解決済みの質問:

私自身、母親からの虐待歴があり、離婚時やその後の元夫の再婚時の嫌がらせ裁判時も母親は事実関係も確認せずに一方的に私が悪いと言ってくるなど、未だに精神的に追い詰める言動が多く、私の子供達に対しても積極的に関わろうということもなく、妹との差別も極端。そして、父が亡くなった時には、まだ先が長いし不安だと言い、私と妹に相続放棄させ、その後、父への生命保険金を多額にかけていたことが判明。ずっと、金がないと言われて育ち、金銭的に苦労してきたのにも関わらず、遊び歩いて生活している母親に対して疑問を持ち、色々調べていくうちに、自分自身が本当に虐待児に値するとわかった。自分にもしものことがあった時に、今のままだと子供達に残しているお金も母親に取られてしまうため、何とかしたい。弁護士さんも信頼できる人がみつからないことと、お金がかかるのでどうしたらよいか分からない。信頼できる身内がいないのでどうしたらよいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

こういう問題はまさに弁護士に相談して依頼して動いてもらう話かと思いますが,

費用の面で不安があるとすると,法テラスを利用していくしかないでしょうね。

そのことはもうご承知で,相談したが,それでも弁護士が信頼できない,となると,

どうやってさがすか,ということになりますが,残念ながらこのサイトでは弁護士の紹介ができません。

気になったのですが,子どもに残しているお金が母親にとられる,というのはどういうことでしょうか。

年齢的には母親の方が先になくなるでしょうけども,お子さんのためのお金が母親に行くことが通常はないと思いますが。

そのお金は子ども名義の口座に入っているのでしょうか。そうするとなおさら,母親にとられる心配はないように思いますが。

このあたり,よろしければ引き続き回答させていただきます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在子供は未成年です。通常何もなければ、母親の方が長生きしますが、私も精神疾患ももっており、一人で多くのことを抱えてやっているため、過労で倒れることもしばしばです。
毎日、いつ倒れるかわからないと思いながらの生活をしています。
万が一私の方が先になくなった場合、未成年の子供達は、法律でいくと私の母親もしくは妹に引き取られると思います。
そうなると、再び私と同じ目に子供達があってしまうので、公正証書で児童相談所にお願いしようと思いますが、財産の管理に関しては、成年後見人を他にお願いしておかないと、私の母親が子供たちの財産管理をすると言い、使い込む可能性が高いです。
自分の母親(私の祖母)を元気なのに、物忘れ程度でボケてきたといい、施設に入れ込んで祖母のお金を好き勝手するような人達です。
同じ様にすると思います。そこで、弁護士さんに成年後見人になってもらう制度をしりましたが、それにもお願いした日から費用がかかるし、弁護士さんの中には、使い込んでしまう弁護士さんもいると聞きました。
それで、とても不安になりどうして良いかわからなくなりました。以上の事を踏まえてご意見頂ければと思います。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

離婚されているので,親権者である母親がなくなった場合,未成年後見となるわけですが,

その後見人を誰にするか,ということですね。

未成年後見の後見人を誰にするかは,裁判所が決めます。裁判所から選任されて,その後,未成年者の財産管理などを行います。この人にしたいと希望して,必ずそうなるものではありません。

後見人をお願いしておく,とされていますが,後見人はこのように実際に未成年後見がはじまってから正式に後見人として活動していくわけですから,

報酬なども,後見人就任後です。

その意味では,遺言は準備しておき,未成年後見に対する意見を残しておく,ということが必要かと思います。

弁護士の中には使い込んでしまう弁護士がいる,とされていますが,それは極論です。そういう弁護士が報道されているのは事実ですが,通常あり得ないことです。

通帳などは裁判所に開示して報告しますし,裁判所が基本的に監督していますので,

基本的に使い込みなどはできない話です。

そうはいっても,報道されているのは事実ですし,それで信用できないとなると,どうしようもできなくなってしまいますが。

bhsy202をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問