JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 488
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

3/23に嫁が子供達を連れて離婚請求して来た件で、嫁が弁護士を立てて現在弁護士と協議中です。財産って程では有りませんが財

解決済みの質問:

3/23に嫁が子供達を連れて離婚請求して来た件で、嫁が弁護士を立てて現在弁護士と協議中です。財産って程では有りませんが財産分与と子供との面会交流費用負担で折り合いがつきません。
嫁が出て行く時の嫁名義通帳に68万程残高があり、嫁はこうなる際育児休暇を私に相談せず勝手に延長し無給状態で家出しウィークリマンションを借りたり今嫁が子供達と住んでるマンションの契約資金も私が家族の為に働いた給料を使ってます。私は家族で生活していた場所を追い出され会社社宅に頼み込み入居させてもらえましたが給料を全額渡していたので私の貯蓄は無く社宅に入居しても生活道具が用意出来ないので嫁に渡していた給料を残高からでも返して欲しいと協議しているのですが相手弁護士が調理器具を買う分10万なら用意出来るとふざけた回答して来ます。それにいきなり嫁が子供達を連れて出て行き私は精神不安定になり転職したばかりの会社も試用期間だった為に雇用取り消しに危うくなりそうな位休んでしまった分の慰謝料込みで弁護士と協議していますが、現在回答待ちです。この様な嫁の私欲を貫く決別、離婚方法を再度起こす可能性が有るので子供達の親権も監護権を与え親権は私が持ちたいと言っていますが相手弁護士は母親としての愛情は充分に注いでいると当たり前の事を正当化して来ます。ハッキリ言ってこの協議の回答が封書で届く度に私の精神、生活リズムが狂い怒りが露わになります。この案件を裁判迄持ち込んだ方がいいか、否や正直悩んでます。
どうすれば良いでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

相手が弁護士を立てているのに、あなた一人で交渉するのは、非常に 不利です。

このままですと相手の主張に押し切られる可能性があります。

家庭裁判所に調停を申し立ててみてはいかがでしょうか。

これまで給与を全て奥様に渡してきたというが、婚姻期間中に蓄財した財産は、共有財産です。離婚となっても半分はあなたに権利があります。

一体離婚を請求してくる理由は何なのですか。まずはこちらをお知らせください。

別居しているので、婚姻分担費用を払う義務が発生しますが、あなたの生活状況では払えないでしょうね。

離婚を請求されたことにより体調を崩したいうことは、直接慰謝料にはつながりませんが、離婚を請求する理由によっては、離婚の際に慰謝料を請求できる場合があります。

現状では不利な戦いが続きますので、調停を申し立てましょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;答ありがとうございます。
離婚の原因は、私の感情起伏が激しい事と嫁の連れ子(長男)の育成方針の相違と嫁との性格、価値観、相違と思います。私は以前の仕事で躁鬱を患い今回次男(嫁との子)を連れ去られ毎夜泣き次男を思い寝れない日々を過ごしましたが、現在は次男との面会交流をし子供の為に働く事を考え生活リズムが作れています。
嫁は看護士をしているので、今は働いています。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

性格、価値観の違いは、「離婚の理由」になりません。

それにまだあなたたちは離婚していないのですから、子供さんに会うことに何ら問題はありません。

またあなたがうつ病を患ったのであれば、奥さんにはあなたをケア(看護)し、助ける義務があります。(相互扶助義務)

それを放棄しての離婚であれば、逆にあなたが慰謝料を請求できる立場です。

文面通りであれば、あなたとしては離婚を拒否できる立場で優位にあります。相手に弁護士がついているために形勢が逆転してしまっています。ここは家庭裁判所の調停に持ち込み、立て直しを図ってみてはいかがでしょうjか。

ただ、離婚となった場合、親権は母親のほうになることが殆んどです。その点はご留意ください。しかし面会交流権は保証されます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20108;週間前に弁護士と協議の為に私から提案してまだ返信が届いてませんので、それ次第では直接私から裁判所に調停申立をした方がよろしいでしょうか?
私から提案するのもどうかと思っています?相手が協議もせず勝手に出て行ったのですから。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

弁護士さんから要求は、慰謝料と離婚請求ではないのですか?

あなたは、どのような提案をされたのですか。

教えてください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
31169;への財産分与請求、(3月現在の嫁通帳残高から半分を私に支払い)コレに回答する際、通帳のコピー添付。面会交流に交流施設利用する際の費用折半。と今回はこの2件だけです。
親権は嫁が再度、決別、離婚する際同じ様な逃げ方をしたら裁判所に親権請求する考えで私自身納得しています。
嫁からの慰謝料請求は、ありません。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

やはり慰謝料請求はないのですね。

財産分与・面会交流、これは 離婚を前提とするもので、現段階ではあまりよろしくないかもしれません。

恐らく返信はないと思われますから、まず婚姻分担費用(生活費)の請求 について調停を申し立ててはいかがでしょうか。

あなたには収入がなく、奥さんに収入があるのですから。

現状では不利な戦いを強いられることになります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22833;礼しました。私も3月に転職し働いています。この転職する際、嫁に相談して転職しました。
もう、嫁とはやり直すことは微塵も考えていませんし私自身これからの人生を共に暮らせない次男の為に生きていく覚悟を決めています。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

復縁をお考えでないのであれば、あとは条件の争いになります。

現状「離婚理由」はないわけですから、「離婚したい奥さん」の方が不利になります。

子供を引き渡さなければ離婚してあげない、という駆け引きもできます。

ただこのまま弁護士との直接の話し合いでは不利ですし、調停でも子の引き渡しは難しいものと思われます。

あなたの今後の生活資金の確保のため、ある程度のお金を積んでもらい、面会交流も しっかり決めるといった形で合意するのが得策ではないでしょうか。、

質問者: 返答済み 1 年 前.
12356;ま現在きちんとした生活が機能していないので、先ずは生活基盤を固める為に働く事を優先にし月日が経つかもしれませんが次男を引取り一緒に暮らせたらと思います。
長男は私の籍に入ったから我が子の様に接してましたが、嫁のエゴの為に一緒に暮らせないと思われます。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

子供の引き取りは難しいと思いますが、10才程度になれば本人の意思が尊重される場合があります。

今はあなたの生活を取り戻してください。受け入れ基盤がしっかりしてなければいけませんから。

それと子供の扱いは、本人の成長に一番よいと思われることをお考えくださいますようお願いします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12381;れは重々承知しております。
私自身も少年期に両親が離婚する際に修羅場を経験しております。
私の子供達にはその様な経験をして欲しく無いからこそ、本当は親権を渡したくないのですが…
やもう得ず嫁に育ててもらう様な形を承知するしかいま現在ないと認識しております。
嫁は子供達の為と言って出ましたが、結局は自分が好き勝手に出来ないのが居心地悪いから出たのだと思います。今でも嫁だけは許せないです。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

お気持ちはよくわかります。

しかし、仕組みは上記のとおりです。

ともかく自分の生活を続けることをお考えください。

子供が自分 のことを分かってくれれば、励みにもなるでしょう。

辛いでしょうが、頑張ってください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
24481;指導ご鞭撻ありがとうございます。
大変救いになります。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

私の回答にご納得いただけましたでしょうか。

頂けましたら、評価の方をよろしくお願いします。

このたびはありがとうございました。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問