JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4618
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

その子を私生児ではあるが認知したとして、財産分与の時に遺言によって割合を調整することはできますか?それは多くも少なくも!

解決済みの質問:

その子を私生児ではあるが認知したとして、財産分与の時に遺言によって割合を調整することはできますか?それは多くも少なくも!という意味ですか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。お話から、ご不明の部分もございますが。、分かる範囲でご回答致します。まず、財産分与と言うのは、相続財産の法定相続割合のことと思いますが、当然、遺言があれば、法定相続割合と別の分け方は可能です。遺言は、すべてを他の人に遺贈するでも構いませんが、認知をしたと言うことは、実のお子様と言うことですから、遺留分と言うのがあります。遺留分は、法定相続割合の半分です。その方が、全体の2分の1もらえるなら、その半分の4分の1の割合は、遺留分減殺請求と言うのをすれば絶対にあげないといけないことになっています。遺留分減殺請求は、相続を知ってから1年以内にしないといけません。完全に、相続財産を与えたくない場合は、生前の遺留分の放棄が出来ますので、それを認知した子供にしてもらって遺言があれば、可能です。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問