JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 499
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

平成16年5月(当時75歳)に知人の保証人になった母の借用書を突然4年くらい前に送られてきて当事者死亡で代わりに支払

質問者の質問

平成16年5月(当時75歳)に知人の保証人になった母の借用書を突然4年くらい前に送られてきて当事者死亡で代わりに支払いをとの事でした。相手はサラ金会社30万と記載。母によれば当時十万単位では貸さないはず。3万か5万だったはずとのこと。行政サービスの弁護士さんに相談したら2回とも放っておいてよいとの回答でそのままにしたとのこと。知人とはその後全く交流もなく死亡もサラ金から知ったそうです。母は何も書面等持ってないので証拠はないのです。このたび年末に簡易裁判所から書面で支払督促状が来ました。申立書を母と相談して作成して期日がせまっていたので12月30日尺着で郵送し現在に至っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
ご心痛お察し申し上げます。
債務者死亡の場合、その債務は一義的に相続人が相続することになります。
相続人全員が死亡を知った日から3ヶ月以内に想像放棄をしていて、貸金業者が回収不能になった場合のみ保証を履行すればよいと考えます。
連帯保証人の場合、債務者と同等の地位を持つことになります。確かに貸金業者は連帯保証人から回収すれば簡単だから請求してくるのです。
貸金業者は相続人からの貸金回収が不能になったのか、抗告で問いただしてみてはいかがでしょうか。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答有難うございます。すみません、一番不安なことをお聞きしたくて追加質問を送りましたが無理でしょうか…

専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
相続の文字が、「想像」になっていたようで、失礼しました。
それでは追加質問のほうで回答せていただきます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問