JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

sakurabitoに今すぐ質問する

sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

婚費の請求をされています。 家を追い出され、15年以上前の出来事を持ち出され 離婚を言われています。 家の名義

解決済みの質問:

婚費の請求をされています。
家を追い出され、15年以上前の出来事を持ち出され
離婚を言われています。
家の名義は義母のものですが、月々支払いは私がしていました。
弁護士に家にも入るなと通告されてます。
支払うべきなのでしょうか?
自営業なので、あちらの弁護士は全ての収入で
算出して婚費を請求しています。
そうすると、今までの生活費として渡していた金額よりも
多くなります。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、15年以上前の出来事と言うのがご不明ですが

仮に、浮気(不貞行為)などの不法行為であれば、慰謝料請求の時効は3年なので

時効を援用することで問題は無いでしょう。

また、婚姻費用の算定表での考え方は、サラリーマンと自営業者では異なり

自営業者の総収入は、確定申告での必要経費や控除額をのぞいたものになります。

確かに、総収入を元に算定する等は、民事なので自由ですが、必ず従う必要はありません。

算定表通りで支払いたいと言うことであれば、家庭裁判所に婚姻費用の調停を

申し立てることです。

家庭裁判所の調停は費用は数千円で弁護士の先生にご依頼する必要はありません。

必要以上に請求するなら調停を申し立てると主張されると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.

浮気などではありません。暴言だということです。

調停は嫁の方が申立てをして、審判することになっています。

審判の場合、決まったことは従わなければいけないのでしょうか?

不服を申し立てることはできるのでしょうか?

また、弁護士から本宅に入れないように通告されているのにも

従わないといけないのでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

暴言と言うことですから、DVとしての対応をしようと相手は画策しているのでしょう

あまり、深入りすると、家庭裁判所に保護命令を出されると厄介ですので

家には、近づかない方が良いでしょう。

暴言でも不法行為ですから、3年の時効です。

審判に対しても、不服申立は出来ます、その場合は、裁判に移行します。

家庭裁判所は、余程のことが無ければ、算定表通りになります。

申立てた方が有利になると言うことではなく、公平に見ます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

割と丁寧にご回答したつもりでしたが

お役に立てなかったようです。

申し訳ありませんでした。

マイナス評価を2回も受けましたので

オプトアウトさせていただきます。

専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
こんにちは、
いつから、どのようなきっかけで別居が始まったのでしょうか?
15年前の暴言からではないですよね?
離婚そのものの原因の一つとして15年前の暴言をあげているようですが、それはあくまでも原因の一つであり、他にも積り積もったものが奥様は言っているのではないですか?
調停は婚姻費用だけですか?
それとも、離婚調停も別に申し立てられている状態ですか?
婚姻費用については、審判に移行しているなら裁判官に判断をゆだねるしかないと思います。
基本的には控除された後の確定申告書A表の「課税される所得金額」が貴方の収入の基礎数値になります。
特別の出費・事情があるようなら、資料を添えて主張すべきと思います。
>今までの生活費として渡していた金額よりも多くなります。
とありますが、それはたまたま今まで渡していた金額が算定表あるいは裁判官の審判した額よりも低かったというだけのことです。
裁判官の審判に大きな落ち度や不服があるのであれば不服申し立てしたらよいと思います。
家に入るなと言われているようですが、入りたい理由は特別にあるのでしょうか?
一緒に住みたいからですか?
自分の私物を回収したいとか、なにか正当な理由があるのであれば、日時を決めて訪問するとか、向こうの弁護士に立会いしてもらって回収したらよいと思います。
正当な理由がありルールが定まっているなら相手方も拒まないと思います。
正当な理由なく、相手が拒んでいるのに押しかけるのは、嫌がらせと取られる恐れがあるので得策ではないように思います。
離婚そのものに合意し、円満に解決したい思いがあるのであれば、出来るだけ紳士的に自分の主張を述べた方が調停委員や相手方も検討しやすいように思います。
ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.

分かりやすく解説・質問していただきありがとうございます。

まず、私は自営で出張が多いです。(別市街地に店舗がある為)

開店する前は、家族一緒に住むために家を引越しする段取りだったのですが、開店直前に引越しをドタキャンされました。

理由は、子供の学校の事を言ってたのですが本当は実家に帰りたかったみたいです。彼女は一人っ子です。

別居ではなく仕事で出張ですね。今年3月に弁護士からの手紙が来たんですが、その時には別居扱いされていました。

15年前の事で最初は書かれていたんですが、それを追及するとコロコロと理由を変えてきています。今の理由は、家を顧みないかららしいです。

調停は2回しています。次は審判になります。

弁護士は、婚費をとりたいだけですよね。その後はのらりくらりするつもりなのでしょうか?w

家に入りたい理由は、突然に欲しいものがあるからです。

喪服だったり、充電ケーブルなど困りました。

少額のものなら、別に買ってもいいのですが、喪服は5~7万しましたし、

ケーブルは専用のものなので、本体をもう一つ買うしかありませんでした。

これって、請求できるんですかね?

私は、復縁はどちらでもかまいません。彼女が一緒に居たくないのであればそれでもかまわないのですが、私が悪いとされるままで離婚したくありません。

これは、相手にも伝えています。

専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
特別に回収したいものがあるのであれば、それを送ってもらう、あるいは日時を決めて回収のために訪問したい旨を相手方弁護士に問い合わせしたらよいと思います。
喪服などの個人の私物は離婚時の財産分与の対象でもないですし、相手方も拒むことは無いと思います。
問い合わせしても反応が無い場合や正当な理由なく拒まれたときで、実際に支払った費用負担については離婚時の財産分与等の話し合いの時に、清算するよう主張したらよいと思います。
そのためには念のために、やり取りのわかるものや領収証は保存しておいた方が良いように思います。
申し立てられているのが婚姻費用の調停だけで、離婚調停が申し立てられていないのであれば、相手方は離婚そのものを急いでいるのではなく、生活費の確保だけを考えて調停を申し立てたのだと思います。
家を顧みないとのことですが、定期的に家に帰るとか、連絡するとか、誕生日にプレゼントを贈るとか、奥さんや子供となにも交流とかはしていなかったのでしょうか?
お子さんとの交流を貴方が望むのであれば、面会交流について希望を伝えることも方法ですし、面会交流の調停を申し立てる方法もあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.

子供たちには、プレゼントなどはあげません。理由は嫁の方から渡しているからです。誕生日・クリスマス前には嫁に相応の金銭を渡しています。

その事は嫁にも話をして、そうしていました。

嫁には、誕生日や定期的にプレゼントは渡しています。

私は今までに何も買ってもらったり、プレゼントはもらっていません。

このことは、離婚理由になるんおでしょうか?

子供の面会などは、どうでもいいです。みんな18歳超えてるので、それぞれの考えで構いません。

1月8日に審判があるのですが、私はなにをしたらいいのでしょうか?

審判の後、彼女の弁護士が何もし無ければそのままこの状態を続けないといけないのでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
奥様は、生活費の確保・増額を目的に今回の調停を申し立てたようですから、増額が叶ったらそれ以上は何もしないように思います。
あなたのお話を聞く限りは、貴方に大きな落ち度は無いように思いますので、奥さんの方からすぐに裁判をしても離婚が認められる可能性は低いように思います。
離婚すると、奥様は他人になり婚姻費用を貰えなくなります。
奥様側から急いで離婚するメリットは無いのではないでしょうか?
貴方が、離婚を望むなら離婚の申し入れ、修復を望むなら関係改善の申し入れをしたらよいと思います。
話し合いで進まなければ、円満のための調停あるいは離婚のための調停を申し立てるのも方法かと思います。
相手弁護士は奥さんの話しか聞いていないので、どうしてもあなたにとって納得いかない主張になるとおっもいます。
奥さんにプレゼントをあげていたことや、お子さんのためのプレゼント代をあなたが渡していたことは、相手弁護士はあなたが言うまで聞いていなかったのではないでしょうか?
そのようなことも、今後離婚の協議になった時は、相手の根拠のない主張を否定する材料になると思いますので、何かあるなら残しておいた方が良いように思います。
審判は、婚姻費用について出るものと思います。
審判書の内容を確認し、納得いかないところがあれば、弁護士に相談するなどして、対応策を練ったらよいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

何もわからず、本当にすみません。

調停は、2回やってるんですが。。また、しないといけないのでしょうか?

弁護士はつけたくないのですが、やっぱりつけたほうがいいのでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
>調停は、2回やってるんですが。。また、しないといけないのでしょうか?
ここに書かれている「2回」というのは、今回審判に移行した婚姻費用の調停を2回(2日)行ったという意味ですか?
それとも、離婚調停と婚姻費用分担の調停の2種類を行ったという意味ですか?
婚姻費用については今回審判で結果が出るようですから、審判に納得できるならそれで終わりますし、これ以上何かの変化をあなたが望まないなら、何もしなくて良いと思います。
あなたのほうから離婚をしたいとか、修復したいとか、何か現状を変えたいときは、奥様に対して何らかの方法で意思表示してやり取りするなどしたらよいと思います。
>弁護士はつけたくないのですが、やっぱりつけたほうがいいのでしょうか?
任意の話し合いもしくは調停での話し合いであれば、必ずしも弁護士に代理人を委任するは必要ないと思いますが、相談して見通しを確認したりするくらいはした方が良いように思います。
sakurabito, 行政書士
満足したユーザー: 250
経験: 行政書士事務所代表
sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問