JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 501
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

相手(妻)との離婚を希望しています.入籍後6ヶ月(同居1ヶ月、別居5ヶ月)、協議で意見が合わず相手が円満調停をかけて

解決済みの質問:

相手(妻)との離婚を希望しています.入籍後6ヶ月(同居1ヶ月、別居5ヶ月)、協議で意見が合わず相手が円満調停をかけてきました.私(夫)の離婚への意思は強固です.今回の円満調停に応じてよいのでしょうか?離婚調停をこちらからもかけるべきでしょうか?ご意見を頂戴いただけますと幸いです.
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

あなたが離婚したい原因は何なのでしょうか。同居期間が1か月、何か食い違いがあったのでしょうか。

あなたが離婚調停を申し立てても、円満調停と同じテーブルで調停が行われることになると思われます。

調停委員は双方の意見を聞いて調整を図ろうとしますが、あなたが離婚の意思を明確に示し、調停委員にその理由と意思が伝われば、奥様の説得にあたることもあり得ます。

ただ奥様も離婚を拒絶した場合「不調」に終わり、審判や裁判に移行します。

考え方を変えれば、結論の出ない話し合いを続けるより、早々に裁判に持ち込んだ方が結果が早く出る可能性はあります。

しかし調停委員も海千山千の事案を取り扱ってきています。うまく味方につけると強固な味方となりうることもあります。性格の不一致といったような、弱い離婚理由ですと裁判で勝つ可能性が低くなります。調停をうまく利用することも解決の方法の一つとも考えます。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問