JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4768
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の不倫相手(男性。別居および離婚協議中、住民票は別居住所に転居済、不倫相手の妻には別居住所も通知済)宛に弁護士事務所、弁護士名が入った簡易書留不在通知が私の自宅宛に送られてきまし

解決済みの質問:

私の不倫相手(男性。別居および離婚協議中、住民票は別居住所に転居済、不倫相手の妻には別居住所も通知済)宛に弁護士事務所、弁護士名が入った簡易書留不在通知が私の自宅宛に送られてきました。不倫相手は(私の自宅には同居していませんので)一切受け取るつもりはないそうです。この場合、
1. 不倫相手が受取拒否をした場合(受取らず、郵便局の保管期間が過ぎた場合)、弁護士は不倫相手の妻の代理人として不倫相手を訴える予定なのでしょうか。このような場合、通常想定されるであろう事象を教えてください。
2. 一方、私は不倫相手の妻に対し、プライバシー侵害を理由に慰謝料請求をできますか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、少しご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。

基本的に、弁護士事務所が簡易書留で書類を送ることは、あまり無いと思いますが

内容証明の配達証明付きでは無いでしょうか?

内容証明は、到達主義をとっているので、法的な効果は受取拒否でも

発生します。

そう言う意味では、相手の出方が受取拒否で逆にわからなくなるので問題とも言えます。

仮に、返答をする期日が記載されていても、必ずそれに従う必要はないのですが

態度を硬化させると、すぐに、家庭裁判所などの離婚調停等を申立てられると言うのは

あり得ます。

それでは、ご質問に分かる範囲で順番にご回答致します。

1. 不倫相手が受取拒否をした場合(受取らず、郵便局の保管期間が過ぎた場合)、弁護士は不倫相手の妻の代理人として不倫相手を訴える予定なのでしょうか。このような場合、通常想定されるであろう事象を教えてください。

(ご回答)不倫相手の方は、奥様と離婚したいのでしょうから、奥様としては離婚がしたくないのであれば

訴えると言うよりも、修復に向けての和解案を出すか(例えば「夫婦関係調整の公正証書」の作成など)

家庭裁判所に修復のための円満調停を申し立てるかです。

仮に、相手も離婚をしたいのであれば、離婚調停の中で、不貞行為の慰謝料請求をしてきます。

2. 一方、私は不倫相手の妻に対し、プライバシー侵害を理由に慰謝料請求をできますか。

(ご回答)プライバシー侵害には、いろいろありますが、不貞行為の相手の住所を知り得るには

探偵事務所を利用する等いろいろありますし、不貞行為の慰謝料請求をすると言う

正当な理由があるので、そのことでプライバシー侵害で争うのは難しいと言えます。

逆に、ご相談者様に対して高額な慰謝料請求の可能性が出てきます。

夫婦と違い、愛人の方に関しては、家庭裁判所ではなく、地方裁判所での民事訴訟も

あり得ますのでご注意が必要です。

質問者: 返答済み 1 年 前.

不貞行為云々ですが、そもそも不倫相手が別居後に私は彼と知り合い、おつきあいをするようになりましたがこの場合でも私は不貞行為の慰謝料を請求される対象になり得るのでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

不倫相手とありましたので、追加のお話の状況は考慮しておりませんでしたが

確かに、夫婦関係が破綻して、物理的に別居した後に

交際がスタートしていれば、問題は無いでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.

早速ありがとうございました。

では、私のことは除外します。

不倫相手と相手の妻の件は、離婚に向けて話し合いをしていたにもかかわらず、このような弁護士を通され、事が起こるのは上記でご説明を受けたこと以外に、何が考えられますか?

不倫相手は妻に対し、財産分与もきっちり半分を提示していると聞いています。離婚の話をはじめたころは、妻側が「もめたくない」の一点張りだったそうで、定期的に話し合いの場をもっていたそうです。

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

話し合いが出来ないと言うことは、協議離婚が出来ないと言うことですから

次の段階として、家庭裁判所の調停離婚となります。

相手の奥様としては、有利な財産分与等を得たいのでしょうから

その男性もある程度、譲歩した財産分与の提示をされても良いかもしれません。

このままだと、家庭裁判所の調停でしょう。

離婚調停になると、半年から1年はみないといけません。

質問者: 返答済み 1 年 前.

調停をするだけのために弁護士を雇うのは非常に理解に苦しみます。が、先生のおっしゃることは理解しました。

最後にわたしのことに戻りますが、不貞行為の範疇に入らないのに、居住住所を調べあげたことに対し、慰謝料請求はできますね?

専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

多分、調停の代理人を弁護士の先生にご依頼されるのでしょう。

調停の代理人は、弁護士の先生しか出来ません。

交渉を有利にしようと言う考えでしょう。

基本的に、他人の住所を調べただけでは、罪に問われません。

そうなる営業が一切出来ないことになります。

戸籍や住民票を勝手に取るのは問題です。基本的には、他人のものは取れません。

探偵事務所や弁護士の職務請求書では取れます。

プライバシーの侵害の慰謝料請求は、何らかの経済的損失が無いと出来ません。

例えば、調べた住所に対して内容証明を送って、誹謗中傷すれば名誉棄損罪は

あり得ます。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問