JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2255
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

父の死後相続した土地に私が家を建てました。 相続のさい母と妹に放棄の署名捺印をもらい公証役場で私名義になってます。

解決済みの質問:

父の死後相続した土地に私が家を建てました。
相続のさい母と妹に放棄の署名捺印をもらい公証役場で私名義になってます。
この度土地家を売却することに成りましたが妹が四分の一よこせと主張し始めました。
家はわたしの名義、土地もです。
無視して良いでしょうか?
妹は転がり混んで同居しています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
確認させてください。
「公証役場で私名義になってます。」と記載しておられますが、法務局のことですよね?
法務局で土地の名義が質問者様の一人の所有になっているということで間違いないでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

登記簿謄本に2人の印鑑が押され私1人の名義になってます。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
分かりました。
では、妹さんの主張は無視して構いません。
妹さんは父親の相続の時に質問者様に相続分を譲渡しているのであり、今になってなかったことにしてくれ、という言い分は通用しませんし、4分の1を妹さんに渡さなければならない法的な義務もありません。
したがって、その土地建物は質問者様の個人の所有物であり、売却代金は「全て」質問者様のものにして問題ありません。
以上参考になれば幸いです。不明な点がありましたら補足しますので返信してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問