JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

息子は先日離婚しました。離婚理由は嫁の不倫出産です。不倫相手は近所に住む男で嫁との不倫の少し前に妻を亡くしています。

質問者の質問

息子は先日離婚しました。離婚理由は嫁の不倫出産です。不倫相手は近所に住む男で嫁との不倫の少し前に妻を亡くしています。
離婚は嫁からの申し入れに息子が同意したもので離婚届は提出済みです。
親権は長男と長女は息子で、不義の子は嫁にしています。
ここからがご相談の内容なのですが、これから嫁は乳飲み子を抱えて生活していかなければなりませんが、私はこの先の嫁の生活を心配しています。
相手の男は5年間程度は養育費を支払うが子供の認知はしない と言っているようです。
これではとても生活してしていけるとは思えません。
もっと長期間の養育費の支払いと子供の認知が必要ではないかと思います。
そこで、これらを承諾させるためにはどのような交渉・手続きをすればよいのでしょうか?
嫁は交渉事は苦手なので、嫁の兄に協力してもらいたいと考えています。
ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
こんにちは、行政書士のsakurabitoです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
不義の子供は現在は息子さんを父親として戸籍に入籍されていると思います。
まずは嫡出否認の調停あるいは裁判をして息子さんと不義のお子さんとの親子関係を無い事にする必要があると思います。
そのうえで、浮気相手に対して認知を求める必要があると思います。
話し合いによる任意での認知に相手が同意しないのであれば、調停・裁判で認知を求めることになります。
調停段階でもDNA鑑定で親子関係がはっきりしたら相手も認知に応じるのではないでしょうか?
認知されて親子関係が確定したら養育費の調停を申し立てたらよいと思います。
調停が不成立になっても審判になれば養育費を支払う判断がされると思います。
親子関係解消から認知・養育費まで、家庭裁判所の手続きになりますので、一度最寄りの家庭裁判所に相談に行かれることをお勧めします。
浮気が原因による離婚と思いますので、息子さんは相手男性に対して慰謝料を請求することも可能です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。調停の進め方が良く分かりました。
ご指導のように進めたいと思いますが、下記の質問がございます。
「浮気相手に対して認知を求める必要がある」とありますが、この認知を求めるという行為は認知されないと困ることになる元嫁が行うことではないのでしょうか?
この一連の調停・裁判は元嫁に代わって息子や元嫁の兄が行っても、または調停に同席しても構わないのでしょうか?
元嫁は一人ではとてもできないと思いますので。
ご回答よろしくお願いいたします。
専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
表現がおかしかったかもしれません。
当然のことですが、認知を求めるのは不義の子の法定代理人である元お嫁さんが子の実の父親である相手男性に対してです。
嫡出否認の手続きは、息子さんが子の母親である元お嫁さんを相手方として思なうものです。
養育費の請求は子の親権者である元お嫁さんが認知後の父親である相手男性に対して行うものです。
不貞の慰謝料請求は、息子さんが相手男性に対して行うものです。
本人以外が申し立て人となって調停に参加することは出来ませんが、相談や書類作成の手伝い調停の控室まで同行して助言したり色々な形でほかの方々も本人を助けることは出来ます。
弁護士を依頼したら、弁護士は本人と一緒に調停室に入ることは出来ます。
sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
手続きの進め方がよく分かりました。
ありがとうございました。
専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
評価いただきありがとうございます。良い方向に進みますように。
質問者: 返答済み 1 年 前.
すみません、追加質問させて下さい。
元嫁の不倫相手の男と息子の住居は同じ団地内にあり、彼らの長男同士は友達でお互いの家をよく行き来していました。
今のままではこの先何かと気まずい思いをすることになるのではないかと心配します。
慰謝料請求と合わせて、相手の男へ引越を要求することはできますか?
ご回答よろしくお願いいたします。
専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
お気持ちはわかります。
しかし、提案することまでは出来ますが、強制することは出来ません。
相手の出方にもよりますが、「引越しするなら慰謝料の額を減じても良い」などと交渉してみるのも方法かと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
すみません、また質問させて下さい。
息子の慰謝料請求は「浮気相手にではなく、浮気相手と元嫁の二人(二人セット)に請求するものではないか と友人に聞きました。
これは本当なのでしょうか?
元嫁は精神的に非常に不安定な状態なので、息子は元嫁には請求したくなく、浮気相手だけに請求したいと思っているようです。もう1点の質問は、ご回答いただいた手続き、調停、裁判等に時効はあるのでしょうか?
あるとすればその起点は離婚成立日になるのでしょうか?
現在息子は仕事が忙しく時間が取れない状況なのです。
ご回答よろしくお願いいたします。
専門家:  sakurabito 返答済み 1 年 前.
嫡出否認の調停は息子さんが子の出生を知ってから1年以内に申し立てる必要があります。
慰謝料は、必ずしも二人同時に請求する必要はありません。
相手男性だけに請求して問題ありません。
時効は離婚後3年以内です。
認知調停、養育費の調停は時効はありません。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問