JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4608
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

築24年のマンションに妻と住んでますが、新築購入時に当該土地建物の権利を夫6:妻4にして現在に至っております。分割した理

解決済みの質問:

築24年のマンションに妻と住んでますが、新築購入時に当該土地建物の権利を夫6:妻4にして現在に至っております。分割した理由は、共稼ぎだったからだという事情だけです。私は59歳、人工透析を受けており健康状態はかんばしくありません。妻は59歳、至って健康です。権利はどうすればよいのですか?権利を分けた場合(現状)のメリットとデメリットを教えて下さい
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
以前のご質問から、多分、離婚された時にどうなるかだと思いますが
財産分与は、婚姻中に形成された財産は、どちらの名義でも折半と言うのが原則です。
離婚をする時に、離婚協議書を(できれば公正証書)作成するので
そこでの話し合いになります。
当然、民事ですから、分与の方法は、双方が合意すれば何でもありと言うのはあります。
ローンが残っているかどうかもありますが、
一般的には、売却して売却益を折半するか、どちらかが住み続ける場合は
実勢価格の半額を支払って買い取るなどの方法がございます。
特に、現時点での持ち分にこだわる必要性は、ありません。
そのことが影響するのは、相続の場合と言えます。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問