JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4524
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私(24歳、社会人)の恋人(26歳、男)の家庭に関する相談です。 彼は現在、医師国家試験の浪人生です。

解決済みの質問:

私(24歳、社会人)の恋人(26歳、男)の家庭に関する相談です。 彼は現在、医師国家試験の浪人生です。 また、恋人の家庭は父親が物にあたるDVであったため、恋人が小学生のころに母方の実家に母親と一緒に逃げてきました。逃げたっきりで父とは疎遠で実質母子家庭の状態です。彼は母と祖父母の家で同居しています。 母親は、彼が幼いころから意見が対立したり、怒るとヒステリーを起こし、包丁を持ち出し彼にそれをむけたり、彼が土下座をさせられることもよくあったようです。 今回、受験勉強の取り組み方について意見が食い違ったことがきっかけで、私もそれを知ることになったのですが
母親は今も息子に対して「お前は病気(精神疾患・発達障害系の)なんだ!!」「お前の脳みそが普通じゃないことにいい加減きづけ!!!」などの発言をしており、彼が何か意見をのべると「お前はそうやってこだわりが強い!病気だ!」といって病気の者の意見は何も意味はないとし、まったく話し合いになっていません。恋人である私に対しても、「息子は病気だから扱いをよく考えてほしい!」「この子を普通というなんて、恋人の母親の意見に合わせられないのか」「母親に気に入られようとするのがふつうでしょ」「こんなに気がきつい子は部落の人間に決まってる」と言っていたりします。
(私は部落出身でもないし、部落の方への偏見も全くないですが... 数日前から彼は、お金や携帯を没収され、母親の監視下で母親の思う通りに生活しなければならなくなりました。今日は彼が隠し持っていたお金で公衆電話から私に電話をかけ、会うことができ、私の母親の3人で話し合った結果、このまま母親のこのような扱いを受け続けるのは問題と考え、彼自身ももう限界だと言っていて、話が終わったあとには過換気にもなっていました。 ただ、家を出て、縁をきるならと母親が今現在提示している条件があり、 誓約書を書かせるといっています。
誓約書を作成する際は弁護士に依頼し、母親の意向のみ反映させ、それにかかる費用はすべてこちら側に支払わせると言っています。弁護士が関与する場合は書かせる側の意向しか汲み取ってもらえないものなのでしょうか? 誓約書の条件は ・浪人したためにかかった予備校の学費を毎月返済していく(250万程度)・今後医師、医療関係の仕事に就くことを禁止する・医師以外の定職についたことを証明するため在職証明書を提示すること・数年間、医師国家試験の日には実家にくること・返済が中断されるのを防ぐため、住所を教えること 学費を返済することに関しては納得していますが、
今後彼自身の職業選択まで制限するものがありました。 母親が条件をゆるめることはないと思います。 しかしこれに同意したことにしないと、母親から苦しめられる生活から逃げることはできません。 自分の身を守るために同意するしかなかったことをふまえても、 誓約書に同意してしまえばやはり従わなければならないのでしょうか? 「職業選択の自由」があるというのはこの場合通用しないものでしょうか? 個人で書いた誓約書も打ち消す権利にはならないのでしょうか? また、母親の誓約書に同意し、今の生活から逃げれたとしても 母親が何をしてくるか正直わかりません。
今後、私たちが自分たちの身を守るためには何をすべきでしょうか...? 長文を最後まで読んでいただきありがとうございます。 回答をいただけると本当にありがたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、彼氏が、26歳と言うことで、成人としてですから
子供の虐待や配偶者の虐待や高齢者の虐待とは意味合いが異なってくると思いますが
この手の虐待の場合は、個別に犯罪性を見ていきます。
彼氏に対して、誹謗中傷があるようですから、名誉棄損罪は成立しそうです。
また、体罰的なものがあれば、暴行罪もあり得ますし
それらの言動で彼氏が、精神的なダメージを受けて心療内科にでも通えば
傷害罪もあり得ます。
そう言う意味では、母親と決別するのであれば、刑事告訴もあり得ます。
お母様が精神的な問題があれば、保健所や家族として心療内科での相談もあり得ます。
いずれにしろ、契約を結んでも、職業選択の自由を制限するのは、憲法違反であり
それ以外にも公序良俗違反で、契約したとしても無効です。
ただ、そのことで、また争っても意味がないので、弁護士の先生にそのことを
お母様に説得してもらうなどされても良いでしょう。
それ以上に、早急に家から出ることでしょう。
場合によっては、裁判所の調停を申し立ててみるのも手です。
警察に相談することがあれば、保護命令を出してもらうと言うのはありますが
お母様に、病院に行ってもらうのが先かもしれません。
頑張って下さい。
supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4524
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
こちらばかり不利な状況ではないとわかり安心しました。
ご助言をもとに、状況に合わせて対処していきたい思います。
ありがとうございました!

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    210
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問