JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

中国国籍で3年滞在ビザのある女性が、日本国籍の既婚の男性(現在離婚調停中)との間に子供ができました。 離婚成立、不成立に関わらず、生まれた子供の認知は可能なのでしょうか?

解決済みの質問:

中国国籍で3年滞在ビザのある女性が、日本国籍の既婚の男性(現在離婚調停中)との間に子供ができました。 離婚成立、不成立に関わらず、生まれた子供の認知は可能なのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

離婚成立・不成立に関わらず、認知は可能です。子の父親が誰か確定することは、配偶者の意見を問う必要はなく、自身の判断で行うものだからです。

父親が認知を行わない場合、手続きとしてはまず家庭裁判所に対して、認知を求める調停を申し立てます。調停の段階でDNA鑑定を行う場合もあります。親子関係があることについて、父と子の間で合意が成立した場合は、その合意が正当かどうかの審判が行われ、認められれば認知が成立します。

もしも父親が合意せず調停が成立しなかった場合は、裁判により親子関係が判断されます。

なお、胎児認知をした場合は二重国籍、出産後認知の場合は中国籍となります。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問