JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2494
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

養子縁組について質問です。 元養親と元養子が結婚出来ないのは色々調べて分かったのですが その後離縁届をし、元養親

解決済みの質問:

養子縁組について質問です。
元養親と元養子が結婚出来ないのは色々調べて分かったのですが
その後離縁届をし、元養親の実親と元養子が改めて養子縁組をすることは可能ですか?
もし可能だった場合、新たな養親との実子と養子という関係になってしまうので
そうしたら、結婚が可能になるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
ご認識の通り、養親と養子は結婚する事は出来ません。
また、残念ながら一度でも養子関係になってしまうと、
その後元養親と元養子間でも結婚する事もできないのです。
参考条文
民法第736条
養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者と養親又はその直系尊属との間では、第729条の規定により親族関係が終了した後でも、婚姻をすることができない。
以上ご参考頂ければ幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
その後離縁届をし、元養親の実親と元養子が改めて養子縁組をすることは可能ですか?
もし可能だった場合、新たな養親との実子と養子という関係になってしまうので
そうしたら、結婚が可能になるのでしょうか?
この質問への回答をお願いしたいのですが。
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>その後離縁届をし、元養親の実親と元養子が改めて養子縁組をすることは可能ですか?
これは可能ですが、
民法736条は、一度でも養親と養子関係になってしまうと、
その後どのような養子縁組をしても結婚してはいけませんよ。
という法律です。
ご返信頂いた場合であっても民法736条に抵触し残念ながらやはり元養親とは結婚する事はできません。
以上よろしくお願い致します。
dueprocessをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問